子供の不安・無気力・内気は親子の相性が原因!?

 
小学生の不登校の原因として、親子関係の問題という項目は中学生や高校生の不登校に比べて多くなっています。
 
親子の問題と言うと、親の指導力不足かもしれないと不安になるかもしれません。
 
しかし、実際は親子関係の問題は性格の相性の問題です。
 
例えば、不安を持ちやすいタイプの親と子の場合です。
親の方は「これでいいのだろうか?」と自分の教育に不安を感じてしまうので、それが子供にも伝染します。
 
逆に親が不安を持ちやすく、子供がしっかりしている場合。
この場合は、親が子供になめられてしまいます。
 
 
このように親子の性格の相性は親子関係に強く影響するのです。
 
相性を理解したう上で指導することができれば、不登校の心理を読み解くことができます。
 
 
 
ここでは親子の性格を子供タイプ大人タイプの2つに分けてみようと思います。
 
あなたとお子さんがそれぞれどちらに当てはまるか考えてみてください。
 
 

大人タイプの特徴

・自立していて何でも自分でやろうとする
・人懐っこい
・年下を可愛がり、面倒見がいい
・そそっかしいところがある
・失敗が多いが立ち直りが早い
 
 

子供タイプの特徴

・誰かがいないと安心できない
・緊張しやすく人見知りする
・親や先生の言いつけはよく守る
・天真爛漫である
・いつまでもメソメソしている
 
当てはまるものが多い方があなたやお子さんのタイプになります。
 
 
親子関係から不登校の原因を分析
 

1.学校に不安を抱く子供との相性

 
学校への不安というのは小学生の不登校の原因としてもっとも多い項目です。
 
親子の関係の持ち方が、お子さんの不安感を作り出している可能性があります。
 
 

1ー1.大人タイプの親×大人タイプの子

 
大人タイプの親と大人タイプの子の組み合わせでは、親の方が過保護になりがちです。
 
大人タイプの子供はそそっかしいところがあります。
大人タイプの親はそれを見て危なっかしく思うからです。
 
 
例えば、学校に行く準備を勝手にしてあげたりしていませんか?
 
自立心が育っていないと親がいないときに不安になってしまいます。
 
学校では親がいませんから、新しいクラスで友人を作ったりしにくくなるかもしれません
 
 
 

1ー2.子供タイプ同士

 
親も子も子供タイプの場合です。
この場合、オロオロしている親を見て子供が不安を感じてしまう恐れがあります。
 
つまり親の不安が子供に伝染してしまうのです。
 
子供は不安になりやすいですが、親も頼りないので余計不安を感じやすくなります。
 
例えば、学校の人間関係でトラブルが起きて「~さんに嫌われたかもしれない」と言ってきたとします。
 
この場合は、子供タイプの親ではなく、大人タイプの親が話を聞いてあげたりすることが大事です。
 
親の両方が子供タイプだった場合は、子供から見て頼れる存在に映るように堂々と対応しましょう。
 
 
 

2.子供が無気力になりやすい相性

 
特にトラブルはないけれど、本人が無気力で学校に行きたがらないという理由です。
 
これも小学生の不登校の原因として多い項目です。
 
 

2ー1.大人タイプの親×子供タイプの子

 
子供タイプの行動に大人タイプの親がイラつきやすいという欠点があります。
 
例えば、トイレットトレーニングの時期にこんな経験はありませんでしたか?
 
いくら言ってもトイレで用を足すことを覚えてくれない。すると、ついつい言葉が荒くなってしまう。
 
こうすると子供は「おしっこをしたから怒られたんだ。もう我慢するようにしよう」と誤った認識をしてしまいがちです。
 
トイレットトレーニングに限らず、あまりに厳しくしすぎて「もうなにもしないでおこう」と考え方を植え付けてしまうと、小学生になったときに無気力になりがちです。
 
 
なので子供タイプの子と接するときは、あまり声を荒げて怒らないことです。
 
そして何かを成し遂げたときには褒めるということを意識してください。
 
子供タイプは褒められて伸びるタイプです。
 
 

3.友人関係のトラブルの原因

子供タイプの内気さ

 
幼いときにはグループの遊びに入りたいとき、「入れて」と言って仲間に入れてもらいます。
 
この習慣ができていないと、小学校での友人関係でも苦労することになります。
 
 
 

まとめ.親子関係は工夫して変えられる

 
今回は小学生の不登校の主な原因である無気力、不安感、友人関係を親子関係の側面から解説していきました。
 
親子関係の落とし穴にはまってしまい、今不登校となっている可能性は十分にあるということです。
 
だからといって、今までの関わり方を後悔する必要はありません。
 
性格を理解した上で、親子関係の弱点を補っていけばいいのです。
 
 

コメント