内向的でも人気者になれる!好感度の科学①「適応力」

お一人様のマニュアル
【Quest】流動性が高い時代で「適応力」をアピールしよう!

【獲得経験値】

【参考本】

POPULAR 「人気」の法則: 人を惹きつける謎の力

きずなと思いやりが日本をダメにする 最新進化学が解き明かす「心と社会」

ペンシルバニア州立大学で明らかになった好かれる人の6つの条件

「内向的でコミュ障だから誰からも好かれない…」

僕も高校時代はぼっちで誰からも気にされなかったので気持ちは痛いほど分かります。「好感度の科学」のシリーズでは、内向的でも人気になれる6つの条件を徹底解説していきます。

 

好かれる人の6つの条件はペンシルバニア州立大学の研究で明らかになったようです。人に好かれる6つの条件とは以下のとおりです。

  1. 適応力が高い
  2. 賢すぎない程度に賢い
  3. 気分が安定している
  4. 最後まできちんと話をする
  5. 人に話させる機会をつくる
  6. 創造力を発揮して問題解決できる

今回はひとつ目の条件「適応力が高い」について徹底解説していきます。少し先の時代を見越して、流動的な時代において適応力を評価してもらうメソッドとなっております。

 

具体的に流動的な時代とは?

流動的な時代」とは変化が激しく不確実性が高い時代だということです。

「大企業に入ったら安泰」という考え方が揺らいできているのは何となくご存知ですよね。これも流動的な時代の特徴です。もう少し具体的に話しましょう。

コメント