一人暮らしは太りやすい!?心理学的な理由

心理学ダイエット

【参考本】

孤独の科学

 

  • 無性に食べたくなってしまう
  • お菓子を食べてしまって全然痩せられない
  • 自分はなんて自制心がないんだ…

実は自制心の問題ではなく、孤独感が強いことが原因かもしれません。

 

一人暮らしすると無性に食べたくなる!?

一人暮らしが寂しいと感じる方も多いと思います。実は一人暮らしの孤独感が無性に食べたくなる原因となっている可能性があるのです。

孤独を感じると脳の実行制御機能にダメージを与えます。要は自制心を働かせたり、注意散漫になあることを防ぐ機能が低下するのです。

 

それによって糖質・脂質の誘惑に勝つことが難しくなり食べすぎてしまう、というわけです。実際にある実験では孤独感が強い人ほど高カロリーなものを食べてしまうそうです。

 

確かに寂しく一人暮らししていると甘いものの誘惑がより強く感じてくるのは納得できますね。

僕の経験則から言っても、実家にいるときよりアパートで1人にいるときの方が食生活が荒れるので知らずしらずに孤独を感じているのかも!?

(単に料理するのが面倒なだけかもしれませんが。)

 

実家から学校や仕事に通えるのであれば無理に自立しようと一人暮らしする必要もないかと思います。ちなみに「裸族になればダイエット成功するんじゃない?」という記事を以前に書いているので参考までに↓

ダイエットしたいなら裸族になればいい説
【特性】裸族 「家のなかでは裸でいたい」という生態。無意識に自分の体型に注意を払うようになる。 【獲得経験値】 【参考本】 世界最先端の研究が教える すごい心理学 家にいるときにジャンキーなもの…

 

コメント