目標ばかり追うと失敗する!?達成感の科学

社畜にならない創造性マニュアル
【Quest】長期的な目標達成だけでなく、1つ1つの達成感に目を向けよう

目標ばかりに意識を向けず、達成感に意識を向けることによってモチベーションを保ち、忍耐力をぐーんと上げる。

【獲得経験値】

 

目標意識ではなく、達成意識を持て!

「物事には目標を持って取り組め!」というのはよく言われることです。

しかし、遠い目標のことばかり考えると目の前のことを楽しめずモチベーションも続かないんじゃないか?というのが今回の話です。

 

根拠となるシカゴ大学と紅麗大学ビジネススクールの共同研究をご紹介します。

  • 被験者を2つのグループに分けてランニングマシーンに乗ってもらう
  • 片方のグループには目標を意識してもらう(「体重を落としたい」など)
  • もう片方のグループにはランニングをやったあとの達成感を振り返ってもらう(「体を動かしてどうだったか」など)
  • 結果として後者のグループのほうがランニングマシンに乗る意欲が高く、運動自体を楽しむようになった

つまり、長期的な目標を意識して「毎日続ければ痩せれるぞ」というモチベーションより、「今日もノルマを達成してスッキリしたな」と体感を意識した方が続きやすいのです。

 

理由としては、僕の考察になりますが、長期的な目標だとなかなか結果が現れないからでしょう。

ダイエットの結果が出るのは早くても1ヶ月程度はかかるでしょうから、達成感を感じることができるのは1ヶ月先です。

 

対して、「今日も運動してスッキリした」という風に毎日の経験に目を向けると、何度も達成感を味わうことができるのでモチベーションも続きやすいですよね。

 

ですから僕たちも長期的な目標を設定するだけではなく、毎日のタスクに対する体感を意識するといいでしょう。

僕の場合、ブログを書くのが毎日の習慣ですが、「今月は50記事!」とか「アクセスを集めるぞ!」という長期的な目標に気をとられると続きにくくなります。

なぜなら、これらの目標だと結果が現れるのは1ヶ月以上先だからです。

 

ブログを書いて「自分の知識が形になって嬉しい!」という達成感に目を向けることができれば、毎日達成感に溢れて、楽しく目標に近づくことができますよね。

皆さんも小さな達成感に目を向けてみてください。

コメント