占い師式会話術

【技】占い式会話術

占いのノウハウを利用した会話で相手の心をつかむ。コミュ力がぐーんと上がる。

【獲得経験値】

【参考本】

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

コミュニケーションに利用できる「類似性の法則」を参考にしました。

 

自分と子どもがよくわかる本 ~エニアグラムで幸せ子育て~

エニアグラムは科学的根拠がありませんのでご注意ください(占いとして楽しむにはいいですが)。今回はエピソードとして利用しました。

 

類似性アピール「僕も実はそうなんですよ。」

相手と距離を詰めるときは類似性の法則を利用しましょう。

類似性の法則とは自分と似ている人に対して好意を抱きやすい心理法則のことです。

出身校が同じ、名字が同じ、趣味が同じのような些細な共通点でも見つかると、親近感が湧いた経験は誰でもあると思います。

なかでも性格や価値観、コミュニケーションスタイルなどが似ている場合は、大きな効果を発揮します。

例えば、

「僕ってよくお節介って言われちゃうんだよね。」

「そうなの?実は私もそうなんだよ!」

「ホント?妹がいるんだけどウザがられてさ~」

「そうそう!!私も兄弟によく言われる(笑)」

みたいな感じで、自分と似ているエピソードには強く惹かれますよね。

 

先ほどの自分語り誘発質問をしたあとに、類似性アピールをすれば最も強力なコミュニケーション戦略となります。

例えば、

○○さんって実は1人でいるのが好きじゃない?

「うん実はね。なんで分かったの?」

「いやよく1人で本とか読んでるし、何となくその方が落ち着くのかなって。」

「そうだね。1人で考え事したりするのが好きかも」

「そうなんだ僕も実はそうなんだ。例えばだけどさ…(類似性アピール)」

という感じで、「僕たち似てますよアピール」をしておけば簡単に好意をゲットできるというわけです。

 

類似性アピールで使える占い式テンプレート

「『似ているところをアピールしろ』と言っても相手と自分が似ているかどうか分からないじゃないか」と思われたのではないでしょうか?

安心してください。多くの人が当てはまるテンプレートを使えばいいのです。

例えば、次の文言に当てはまるかどうか考えてみてください。

「○○さんって外向的なときもあるけど1人になりたいときもあるんじゃない?」

自分の性格を言い当てられた!と思ってドキッとした方が多いはずです。

なぜなら、バーナム効果という心理効果が使われているからです。

バーナム効果とは誰でも当てはまるはずなのにまるで自分だけに当てはまっているかのように感じられる心理現象です。

 

「外向的なときもあるけど1人になりたいときもある」というのはまさに誰でも当てはまる言葉でう。

いくら外向的でも1人になりたいときはあるし、極端に内向的でも場合によっては外向的になります。

しかし、いざ「こういうタイプじゃない?」と聞かれると、「自分だけの性格を当てられた!」と錯覚してしまうのですね。

 

バーナム効果を利用したテンプレートで驚かせた後は、「自分も似てるから分かるんだよ」と似ているアピールしましょう。

「自分と性格が似てる人だ!」「自分を理解してくれる人だ!」と思わせられるので一気に距離が縮まる。という寸法です。

 

テンプレート一覧

外向性が低い人に対する類似性アピール

「○○さんってお金とか車とか家とか、職業とかステータスに興味がないでしょ?」

「平和主義で競争とか興味ないでしょ?」

調和性が低い人に対する類似性アピール

「周りに合わせるのが苦手で単独行動が好きでしょ?」

「僕って一生懸命やってるだけなのに『事務的で冷たい』って言われちゃうんですよね。母親の介護をしているんですけどヘルパーのように接していて自分でも冷たいなと思っちゃいます。」

「相手に尽くされると『裏があるんじゃないか』って疑っちゃうタイプでしょ?」

「誰にも頼りたくないって思っちゃうんだよね。親からの仕送りもいかに減らせるかって考えるタイプなんだ。君は?」

 

調和性が低い人は優しくない人「性格が悪い人」と表現される人たちのことです。協調するの苦手ですよね?」と言ったら失礼何じゃない?と思われそうですが、このぐらいならセーフです。

なぜなら、調和性が低い人は自分の協調性のなさを誇っているケースが多いからです。(笑)

調和性の低い人は人の「不幸は蜜の味」といった考え方が人より強く、周りを困らせる存在であると自負しています。

「性格悪いですね~」というのは彼らにとって褒め言葉です。

 

調和性が高い人に対する類似性アピール

「友だちから誘われなかったりすると悲しくなっちゃいますよね。」

「人から必要とされたいって思って、お節介しちゃうんですよね。」

「○○さんって誰とでも仲良くなれるよね?嫌われてる人でも同情して味方しちゃうでしょ?」

「八方美人ってよく言われるんだよね。別に白黒つけたくないだけなんだけどね~」

「人を優先しすぎて自分がやりたいことやれてない気がするんだよね。お人好し治したいわー」

「僕ってさ親切しすぎてよくプライドを傷つけちゃうんみたいなんだよね。気をつけないと。」

 

勤勉性が高い人に対する類似性アピール

「完璧主義なところありません?めったにリラックスできなかったりとか」

「予定外のことが許せなくてイライラすることがあるんだよね。」

「旅行とかで誰かと一緒に生活すると『みんな雑だな』って思う」

「自分だけ頑張ってて周りは遊んでばっかだなって思うことない?」

「だらしなさが許せなくて弟とかに口うるさくなっちゃうんだよね。」

「やることがなくなると『自分に価値がない』って思っちゃわない?燃え尽き症候群的な。」

「学校が退屈すぎて『何なら大検受けようかな』って思ったことない?」

「結構早い段階で人生設計してたでしょ?よっ!意識高い系!」

 

勤勉性が低い人に対する類似性アピール

「結構現実逃避するタイプでしょ?」

情緒安定性(精神力)が低い人に対する類似性アピール

特に内向的(外向性が低い)で情緒安定性が低い場合は「人といるのがしんどいタイプじゃないですか?」

「人の悪口を聞くと自分が言われた気になるんですよね。」

「僕って結構あまのじゃくなんですよね。」

「自分だけ特別不幸だと思ったことない?僕も兄弟がいるんだけど自分が一番よくされなかったと思ってるんだよね。」

 

開放性(知力)が高い人に対する類似性アピール

自分らしさを大事にするでしょ?僕も周りと同じだと嫌だと思っちゃうんですよね。わざと周りと反対のことしてみたり」

「『前例がない』とか言われるのと燃えるタイプでしょ?」

「自分だけ例外扱いしたことない?」

 

テンプレート集を持ち歩こう

「こんなのいつ言えばいいんだ?」と疑問に思うようなフレーズもありますが、意外と使える場面が訪れるものです。

フレーズ集を持ち歩いて、誰かと会話するたびに「今の会話ならこれが使えたな」「こっちのフレーズもよかったかな」と反省会をしてみましょう。

コメント