【依存症注意】英単語をゲーム感覚で覚える神アプリ紹介

【Quest】英単語学習に「依存」しよう!
 
【獲得パラメーター】
【参考本】
 
 

依存症注意な英単語学習とは?

英語学習の基礎は英単語を覚えることです。
 
しかし英単語帳暗記するのはしんどい作業ですよね。
 
そこで今回はゲームにはまるかのように英単語にはまることができるアプリを紹介します。
 
僕のオススメ↓
英単語アプリHAMARU
 

依存できる英単語アプリの選び方

わざわざお金を出して英単語帳買うよりも、スマホのアプリでゲームのように単語を学べるアプリをインストールした方が良いでしょう。
 
そこで使えるアプリのモチベーションが上がりやすいアプリの選び方を解説します
 

バシュン!キラキラ!を大事にせよ

ハマるゲームのポイントはフィードバックがしっかりしていることです。
 
ここで言うフィードバックとは自分が起こした行動に対する反応のことです。
ボタンを押したらバシュン!と動いたり、キラキラ!というエフェクトがかかるゲームの方がハマりやすいです。
 
英単語のアプリでも、淡々と進んでいくアプリより、効果音やエフェクトがしっかりしているアプリを選ぶべきです。
 
HAMARUの場合は「パリン!」「きらきら!」というフィードバックがあるので、まるでリズムゲームのような感覚で学習できます。
 
 

適切な難易度設定

英語に限らず勉強を始めようとした人に陥ってしまう罠は、自分の能力に対して難易度が高すぎるのを選んでしまうことです。
 
最初は「これでもか!」というほど難易度が低いものを選ぶべきでしょう
 
なぜなら、最もモチベーションが上がる難易度設定は、分かる部分と分からない部分8対2ぐらいの比率がいいと言われているからです
 
よくある失敗はいきなり難易度が高いアプリを選んでしまい、挫折してしまうことです。
 
英単語で学習で一番重要なのは継続です。まずは簡単なところからスタートして勢いをつけて学習しましょう。
 
 
 
HAMARUの場合は中学1年生の英語からTOEIC900レベルの英語まで幅広い難易度で学ぶことができます。
 
見栄を張らずに中学1年生の英単語から始めてみましょう。
 
 

飽きさせないスピード感

紙の英単語帳になくて、英単語アプリにあるものはスピード感です。
 
英単語帳で自分でページをめくって学習すると、どうしてもスピードが落ちてしまいます。スピード感がないと一つ一つに「出来た!」「出来なかった…」と一喜一憂するのでモチベーションも下がってしまいます。
 
英単語アプリを使えばモチベーションが下がる暇もないスピード感で学習することができます。
 
 
また、英単語は何秒もかかって思い出すことに意味はありません。
 
単語を見た瞬間に思い出さないと会話でも使えませんし、文章も読めません。
 
実用レベルの英語を目指してスピード感を鍛えていきましょう。
 
 
ぜひダウンロード↓
英単語アプリHAMARU
 
一応HAMARUというアプリをおすすめしておきますが、フィードバック・難易度設定・スピード感がそなわっているアプリならなんでもOKです。
 
使いやすいアプリを探してみてください。

コメント