優柔不断を直したい!決断力を高める簡単トレーニング

  • いつも決断を間違ってしまう
  • 無駄な出費を減らしたい
  • 自分の選択に後悔することが多い

 

人生は選択の連続とも言われます。

なので決断力の有無は人生を大きく左右します。

 

大きな買い物、転職などがいい例です。

投資や起業もそうですし、「今YouTubeを見るか、それとも勉強をするか」というのも決断です。

決断力を高め、「やめときゃよかった」「やっておけばよかった」という後悔のない人生にしませんか?

 

今日のマインド育成

習得!

[技]ソロモンブレイク

自分の意思決定のプロセスを第3者の視点で書き起こすことによって、ソロモンのパラドックスを逆手にとる。

決断力と認知機能がぐーんと上がる。

 

まず知っておきたい「ソロモンのパラドックス」とは?

ソロモンのパラドックスとは、人には合理的なアドバイスができるのに、自分のことになると決断できなくなる心理現象のことをいいます。

例えば、恋愛で困っている友だちがいるとして、友だちには「そんな男とは別れちゃいな!」とクールなアドバイスができるのに、自分のことになると優柔不断になってしまう…

という経験はありませんか?

これこそがソロモンのパラドックスです。

今回は、「自分のことを他人のことのように考えればうまく決断できるんじゃね?」

という考えのもと生まれたテクニックを紹介します。

 

第三者の視点で自分の決断を振り返ってみる

ソロモンのパラドックスを逆手にとり、第三者の視点で自分の決断を分析してみましょう。

やり方
  1. 最近した決断を思い出す
  2. 決断にいたるまでのプロセスを「彼」または「彼女」という人称を使って描写していく
  3. 傾向を分析する

例えば、「もう買い物で失敗したくない」と思っている方は、最近の後悔した買い物、または満足いった買い物の決断プロセスを思い出してみましょう。

 

僕の場合だったらSwitchを買ったときの描写をしてみます。

彼は迷っていた。

朝起きてノートを見るとゲームを買うかどうか決めるという走り書きがあった。

前日まで「Nintendo SWITCH ライト」を買うかどうかを決めかねていたのだ。

彼はどうしても「ポケットモンスターシールド」がやりたかったのだ。

彼は「まだ買いたい気持ちがあるな」と呟いた。

コンビニでAmazonのギフト券を買ったものの、やはり全てゲームのために使うのはもったいないなとも感じた。

アパートまでの帰り道を歩いていると、ふと同じゲームを持っている友達の顔が頭に浮かんだ。

「やっぱり通信とかもやってみたいし…」

みたいな感じです。

ここから自分の買い物の傾向を分析していきます。

「今回は人に流されて買ったからいけなかったのかも」

「少しでももったいないと思ったらやめておいた方がいいかも」

という感じです。

 

自分の決断のクセが分かれば十分な収穫と言えるでしょう。

 

できればノートに書くのが重要

ノートに書き起こしてみるのがおすすめです。

ノートに書くと後になって記憶が改ざんされることがなくなるからです。

頭のなかで分析しただけだと、例えば、「あのときは夜眠たいときに決めたからいけなかったんだ」などと事実とは違う記憶に塗り替える危険性だってあるのです。

(実際は朝に決断してますよね。)

 

記憶力もアップ

自分の行動を事細かに思い出すトレーニングには記憶力を高める効果も期待できます。

意思決定のプロセスを描写するときに、より詳しいシチュエーションや心理を描写することを心がけると効果が倍増しますよ。

 

 

コメント