幸せになるためにお金はいらない!?幸福度の心理学

社畜にならない創造性マニュアル

「お金さえあれば幸せになれる」は半分正解・半分間違い

年収800万も年収1億でも幸福度は一緒

プリンストン大学の研究によると、お金が増えることによって幸福度が高まるのは年収が7万5000ドルまでだそうです。

日本円にすると年収800円ぐらいまでは年収の増加に伴って幸福度が上がるのですが、800万のボーダーを過ぎると幸福度は横ばいになります。

 

つまり、年収300万円よりは年収800万円の人のほうが有意に幸せなのですが、年収800万円の人と年収1億の人を比べてもそこまで幸福度は変わらないということです。

少なくともお金だけで人生の幸せが決まるわけではないという科学的な根拠になります。

 

「お金が増える→幸せ」ではなく「幸せ→お金を稼ぐモチベーションと能力が得られる」という発想

不安を消せば先延ばしがなくなる!?

人間は不安や恐怖を感じると自制心が発揮できなくなることが分かっています。これは「恐怖管理」という心理効果です。

 

例えば、お金のことで悩んでいる人がストレス解消のために買い物でお金を使いすぎてしまう…などはその典型と言えます。

幸福度を高めることで物事をポジティブに考えられるようになると不安や悩みは減ります。不安や悩みが減ると自制心を発揮できるようになり目標達成率が高くなるというわけです。

 

つまり幸福度とは集中力や自制心とも並ぶぐらい重要な「能力」と言えるでしょう。

 

「フリーランスになりたい→目標達成して幸せに」ではなく、「先に幸せになる→目標達成率が高まりフリーランスになれる」
「性格を変えたい→理想の自分になり幸せに」ではなく、「先に幸せになる→性格を変える努力が続き理想の自分に」

 

 

幸福度を高める3つの科学的メソッド

ジャーナリングで「最高な自分」をなぐり書き

ジャーナリングとは、書く瞑想のことを言います。

「今の自分の気分や将来こんな風になりたい」など頭の中に思い浮かんだことを紙に書き起こしていく瞑想方法になります。3分間ぐらい自分のノートに今感じていることを書いてみる習慣をつけてみましょう。

 

フローを体験

フローとは目の前の作業に没頭している状態のことをさします。いわば目の前のことが楽しくて仕方がない状態になっています。

 

日常的にフローを体験することで幸福度を高めることができるでしょう。また、ある研究ではフローは趣味よりも仕事の中で体験することの方が多いと報告されています。

 

フローに入るためのステップ

フローに入るためのステップは、

  1. 強い感情を感じる
  2. 一気にリラックスする
  3. 目標を明確に設定する(難易度をちょうどよく)
  4. ルーティンをつくる
  5. 努力が報われるシステムをつくる

 

例えば、

仕事に入る前に、ホラー動画を見る(強い感情)→瞑想をする(一気にリラックスする→)→タイマーを設定して時間制限でどれだけ進むか計測する(目標設定)という一定のルーティンをこなすようにしてみましょう。

ルーティンをつくること自体にもフローに入りやすくする効果があるので、集中したいときはいつも同じ儀式を行うことがポイントです。

 

目標を達成できたら自分が嬉しいご褒美を設定しておきましょう。例えば、「2時間で執筆を5000文字できたら昼ごはんが一品追加」などです。

 

フローが生まれやすい環境

フローに入るためにはルーティンだけではなく、周りの環境も大切です。

  • 静寂な場所よりも少し雑音がある場所
  • 誘惑がない場所

一日の終わりの脳が疲れている状態よりも朝イチで頭がスッキリしている状態のほうがフローに入りやすいです。ただ体内時計のタイプにもよるので自分に最適な時間帯を見つけましょう。

 

また、ある研究によると完全に静かな場所よりも、ちょっとした雑音がある場所のほうが集中力を発揮しやすいことが分かっています。

自宅で作業するよりもカフェや図書館などに行くことをオススメします。外にいけば自宅のようにテレビやスマホの誘惑がなくなり、作業に集中することができます。

 

僕の場合はマックにパソコンを持っていって記事を書くことが多いです。マックのWi-Fiは1時間しか使えないので勝手に時間制限が設けられ、集中力を発揮しやすくなります。

 

 

親切をする

親切をすることによって親切をした本人の幸福度が高まると言われています。

 

他人に親切をしたときに、なんとも言えない充実感を感じたことはありませんか?あの状態をランナーズハイならぬ、「ヘルパーズ・ハイ」と言います。

「親切をしろなんて、またそんな綺麗事を」と思うかもしれませんが、幸福度という能力を鍛えるためと思って納得してください。

 

また、人のためにお金を使うことは自分のためにお金を使うことよりも幸福度アップに期待ができるということも分かっています。

 

別にボランティアやチャリティをしろとまでは言いません。僕だったら、自分が読みたい本を見つけたときに、「これを読んでブログで紹介したら救われる人がいるかもしれない」という意識で買うようにしています。

もちろん、プレゼントを送るなどでも構いませんが、まずは「みんなのためになるかな」という意識を持つことから始めてみましょう。

 

性格の強みを活かす

ペンシルベニア大学のマーティン・セリグマン博士の研究によると、生活や仕事の中に自分の性格の強みを活かすことができれば幸福度が高まることが分かっています。

 

強みを診断するには「VIAテスト(ビアテスト)」という診断ツールがオススメです。(リンクは記事の最後に貼っています)

VIAテストでは、「向学心・スピリチュアリティ・好奇心・知的柔軟性・誠実さ・創造性・忍耐力・思慮深さ・公平さ・勇敢さ・親切心・大局観・ユーモア・社会的知性・希望・熱意・慎み深さ・自律心・寛容さ・審美眼・チームワーク・リーダーシップ・愛情・感謝」という24項目で診断されます。

 

診断結果は、自分の強みとしての比率が大きいものから順番にランキングされていきます。

ちなみに、上に書いた順番は僕の強みランキングです。つまり僕の場合はリーダーシップ、愛情、感謝などが活かせる仕事や趣味よりも、向学心・スピリチュアリティ・好奇心などが活かせる仕事や趣味が向いているということが分かります。

 

続きでは24個の強みの活かし方を解説した、「VIA戦略」を載せておきます。VIAテストで自分の強みを診断し、VIA戦略で他の人にはできない戦略を身に着けていきましょう。

 

「VIA戦略」24パターンの幸福度の高め方

1.向学心

コメント