嫉妬がなくなる!自分だけの才能を見つける方法

読むだけセラピー
  • 「アイツみたいなコミュニケーション力があれば…」
  • 「あの人みたいに博識なら…」
 
そんな風に、他人の能力に嫉妬してしまうこともあるのではないでしょうか?
 
そこで今回は自分だけの才能の見つけ方を解説します。
 
その秘訣は、「強み×強み」の法則です。
つまり、ひとつの強みではなく、強みの掛け合わせで「276分の1」の才能を見つけていただきます。
 
「2つも強みがない」と思う方も大丈夫。
ポジティブ心理学のデータに基づいた強み診断ツール、「VIAテスト」をご紹介しています。
 
 

才能とは「強み」ではなく、「強み×強み」

自分の強みを知るVIAテスト

自分の強みを知ることができる「VIAテスト」というものをよく勧めています。
 
テストはこちら↓
 
VIAテストでは、「向学心・スピリチュアリティ・好奇心・知的柔軟性・誠実さ・創造性・忍耐力・思慮深さ・公平さ・勇敢さ・親切心・大局観・ユーモア・社会的知性・希望・熱意・慎み深さ・自律心・寛容さ・審美眼・チームワーク・リーダーシップ・愛情・感謝」の24項目が、
 
自分の強みのランキング形式で診断されます。ちなみにこの順番↑は僕の強みの順番です。
 
僕ば場合、向学心、スピリチュアリティ、好奇心などが強みで、リーダーシップ、愛情、感謝などが弱みと言えます。
 
 

強みを掛け合わせる

このテストのいいところは、自分の強みが複数わかることです。
 
自分の上位に入っている強みを組み合わせて、新しいコンテンツを作ることができます。
 
 
例えば、僕の場合だと向学心、スピリチュアリティ、好奇心などが強みとして出ています。(スピリチュアルとは精神性です。自分の考えや信念を産み出す能力を指します。)
 
このサイトはまさに、これらの組み合わせで出来上がっています。
 
まず、向学心や好奇心を活かして情報収集
次にスピリチュアリティを活かして、自分なりの意見や信念を組み込む
 
「内向型でも悪くないぞ!」とか、「教育は投資だ!」とかのコンテンツできるわけです。
 

天才に勝つには組み合わせしかない

向学心だけで闘うと、「本で読んだことを紹介します」「面白い論文を紹介します」というだけのコンテンツになります。
 
また、「自分は月に30冊本を読んでいる」という強みだけで闘うと、「俺は100冊読んでいるけど」という天才に負けます。
 
強みを組み合わせることで、オリジナリティが出し、天才に並ぶことができるわけです。
 
 
 
そして、24から2つ抽出する強みの組み合わせは相当あります。
(計算式にすると、24C2=276通りです。)
 
まさに、自分だけの才能=オリジナリティと言えるのではないでしょうか?
 
 
 
関連記事として、24の強みの活かし方を解説している記事を紹介しておきます。↓
 
 
これを参考に、自分の上位の強みを組み合わせてみてください。

コメント