面倒事をガンガン片付ける!先延ばし防止テクニック

50歳からの副業
【今日の心トレ】先延ばしを防ぐ10分テクニックをやってみよう

【獲得経験値】

10分だけやるようにする

先延ばしの原因のひとつが人間の「面倒の先読み」という特性です。

自分が取りかかるべき問題に、今持ち合わせているエネルギー以上のエネルギーが必要だと思いこむ心理のことです。

 

すごく面倒に思えたけどやってみたら意外と簡単で、「なんだこんなだったら早くやればよかった」と思えた経験は誰にでもあると思います。まさに面倒の先読みによる現象です。

 

面倒の先読みを防ぐには「10分だけやる」と決めておくことです。10分間はできる限りやってみると意識します。

あらゆる面倒なことは10分間が峠です。「面倒くさいな」と思っても、「10分だけやろう」と決めることによって行動力を高め、先延ばしを防ぐことができます。

例えば、勉強であっても机に座ってやり始めるまでが面倒なだけで、取りかかってみれば意外と集中できたりするものです。

 

大きすぎる目標は失敗する!?目標は小さくする

先延ばしの原因は今この瞬間に面倒ごとから離れて快適になりたいという心理が原因です。

ですから目標を達成した先に感じられる大きな快楽を意識することによって、先延ばしを防ぐことができます。

 

僕もたまにブログを書くのが面倒になりますが、そのときもブログを書いた後の達成感を意識するようにしています。

例えば、「ブログを書くのは面倒だけど知識が形になるのは楽しいな」という感覚を忘れないことが大事です。

長期的な目標(ここでいうと「ブログを書き続けてアクセスを伸ばそう!」といったもの)を意識するよりも、短期的に感じられる達成感を意識するほうが、先延ばしを防ぐことに有効です。

 

【5秒で実践】面倒だなと思ってることを10分やってみよう

コメント