思春期をニキビを直す科学【食事編】

読むだけセラピー
【今日の心トレ】思春期のニキビを直す栄養学について知ろう

【獲得経験値】

  • 思春期に入ってからニキビが増えた
  • 子供がニキビを気にしている

肌荒れを直すためには腸内環境を整えることが重要です。

腸内環境を整えるステップは3つです。

  1. 有害な細菌を取り除く
  2. 有益な細菌を取り込む
  3. 最近に餌を与える

1については自然編で解説していますので、先に読むことをおすすめします。

鉢置けば肌荒れ治る!?思春期のニキビを治す科学
思春期に入ってからニキビがひどくなる 汗をかいてニキビができやすい 肌がクレーター状に 思春期に入るとどうしてもニキビ肌になってしまうものです。 ニキビ肌だと異性からも引かれてしまいます。 人間が異性に求めるもの...

 

腸内環境を整える①腸内細菌を取り込む

腸内環境を整えるためには、まず腸内細菌を取り込むことです。

良質な腸内細菌は発酵食品によって取り込むことができます。

キムチ、納豆、味噌、ヨーグルトなど様々な発酵食品を取り入れていきましょう。

 

特定の商品ばかりを撮るのではなく 様々な発酵食品を摂るのがおすすめです。

理由としては、それぞれの発酵食品で腸内細菌が別物だからです。

(例えば、味噌の場合はハロフィルス菌、ヨーグルトならサーモフィラス菌、キムチならラクトバチルス・プランタルム菌などなど様々な腸内細菌を取り込むことで効果が最大限に発揮できます。)

食事によって腸内細菌を増やすことができたら、次は腸内細菌に餌をあげて行きましょう。

 

腸内環境を整える②細菌に餌を与える

腸内細菌のエサは食物繊維です。

腸内細菌が好む水溶性の食物繊維には、ごぼう・りんご・海藻・きのこなどが挙げられます

 

食事で補いきれないという方にはプロバイオティクスがおすすめです。

プロバイオティクスは、ビフィズス菌や乳酸菌などを増やすサプリです。

プロバイオティクスには、アレルギーを治す効果と、レジリエンス(おこりっぽい性格や落ち込みやすい性格を直す)を高める効果があります。

研究によると、レジリエンスを高めるには4週間、アレルギーを治すには8週間程度続けると良いとされています。

検索 - プロバイオティクス - iHerb

腸内環境を整えることは、アレルギーの発症を抑えるほかに、認知機能の低下や疲れやすさなどを防ぐことができます。

脳の機能が下がったり、疲れやすくなってしまうのは、もともと腸壁に穴が開く現象(リーキーガット)によるものだからです。

 

腸内環境を制すれば、勉強・コンディション・清潔感をすべて補完することができますよ。

 

 

コメント