【勉強中厳禁】置いておくだけで集中力を50%下げる○○とは?

悪魔授業
【今日の心トレ】デジタルデバイスを注意深く使って集中力が阻害されないようにしよう

【獲得経験値】

  • 集中力が持たない
  • 誘惑に負けてしまう

というかたへ。

 

集中力を半分にしてしまう○○とはスマートフォンのことです。

「なんだそりゃ」「拍子抜けだ」と思うかもしれませんが、ここからが面白いところ。

テキサス大学の研究↓によると、スマートフォンの電源を切った状態で置いておくだけでも集中力が1/2になってしまうそうです。

  • 被験者に二つのグループに分ける
  • 片方のグループには電源を切ったスマートフォンを机に置いておいてもらう
  • もう片方のグループにはスマートフォンを目に見えないところに置く
  • それぞれのグループに単純な作業を命じたところ、スマートフォンを机に置いているグループは集中力が半分に減少

理由としては、デジタルデバイスが目に入るだけでも認知的なリソースを取られてしまうからです。

つまり、僕たちの頭の中では既に「スマートフォン=大量の情報」という方程式ができているのでしょう。

ですから、スマホが目に入った瞬間「情報処理しなければ!」というスイッチが入ってしまい、目の前のことに集中できなくなるのです。

 

実践アイデア:メリハリをつけて使おう

最近は iPad などを授業で取り入れている学校もあります。

しかし、検索機能や他のアプリなどが充実したものは集中力を阻害する要因になりかねません。

また、勉強に集中したい時はスマートフォンの電源を切るだけではなく、完全に見えの入らない位置に置くのが最大のポイントです。

 

ただし、以前紹介したマインドマップのアプリ↓などを勉強で使いたい場合もあると思います。

マインドマップのオススメアプリ「Mindly」と活用法
読書しても記憶に残らない 読書ノートをとるのが面倒 いくら読書で知識をインプットしても、読んだそばから忘れてしまっては意味がありません。 そこで今回はマインドマップというノート術を紹介します。 マインドマップとは...

効率化のためにアプリを使いたい場合は、

  1. 教科書を読んで理解したり頭に入れたりする段階ではスマートフォンを見えない位置に置いておき、
  2. 音声入力する時にはスマートフォンを使う

と言ったようにメリハリをつけて使うのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

コメント