ストレスを優雅に処理するグリーン・エクササイズ

今回はストレスを優雅に解消するグリーンエクササイズをご紹介します。グリーンエクササイズとは自然のなかで活動することです。

 

 

自然探索アプリ「バイオーム」で自然のなかで楽しもう!

自然のなかを散策することには大きなストレス解消効果があります。

 

ある研究によると、自然の中を歩くと都会を歩くときと比べてストレスホルモンであるコルチゾールの値・血圧・交感神経の活性が低下し、気分が良くなるそうです。

ただ、理由もなく森の中を歩くのも面倒くさいと感じてしまうのではないでしょうか?

 

そこでオススメするアプリが「バイオーム」というアプリです。

 

Biome(バイオーム)は生き物コレクションアプリです。生き物の写真をとるとAI機能が生き物の種類を判別してくれ、図鑑に登録してくれるというアプリです。

リアルに「ポケモンゲットだぜ!」を味わうことができます。iPhoneの方・Androidの方

他にも同様のアプリがありましたが、いくつか試したところバイオームが操作しやすかったのでおすすめしておきます。

森のなかを散策して、植物や動物、虫などを撮影してコレクションしてみましょう。大人の虫取りを満喫できます。

 

魚釣りでゆったりとした時間を楽しもう!

魚釣りをするのもストレス解消に効果的だとか。

インディアナ大学の調査によると、魚釣りをすると血圧が低下し、主観的なリラックス度が上がるそうです。

 

確かに水面に糸を垂らしてぼ~っとしておくのは、いかにも気分が落ち着きそうです。近くに釣り堀などがないか探してみましょう。お父さんが釣り道具を持っていれば一緒に連れて行ってもらうのもよさそうです。

あと、魚を釣ればバイオームも使えます。図鑑登録がはかどりますよ~

 

日向ぼっこで自由を謳歌しよう

最後に紹介する優雅なるストレス解消法は日向ぼっこです。

 

日向ぼっこがメンタルに効く理由は、日に当たることによってビタミンDがつくられるからです。ビタミンDは新しい細胞の生成に関わっています。脳神経に関与しメンタルを強化するだけでなく、新しい細胞を作り出して美肌を保つ効果もあるのです。

 

 

ただし、紫外線を浴び続けると肌にとっては逆効果なので、日差しを浴びるときは最適な量を意識しましょう。

効果の高い日向ぼっこのやり方
  • 1回に6分~20分が目安
  • 正午ごろにちょこちょこ外に出る
  • 肌は全身の35%以上を露出(半袖半パンぐらいが理想)

ビタミンDは正午ごろがもっとも作られやすい時間帯です。いっきに浴びるよりも時間を区切ったほうが効率的に作られるので、お昼時になったらちょこちょこ外に出るのが望ましいやり方です。

肌に直接日差しを浴びないとビタミンDはつくられないので肌はできるだけ露出させましょう。

 

外を歩いたりすれば必然的に日を浴びるようになります。外に出るのが面倒という方はベランダなどでもできます。ゆったりと椅子に座りながらイヤホンで自然音を聞いて日差しを浴びれば気分は深い森のなかです。

 

【今日の心トレ】優雅な心トレに取り組んでみよう
  • 自然探索
  • 魚釣り
  • 日向ぼっこ

どれかひとつやってみてください。

【獲得経験値】

コメント