新しいアイデアを生み出し続けるのに必要な能力とは?

社畜にならない創造性マニュアル

新しいことを思いつき続けるために必要な能力とは、ずばりIQです。

頭の良さにそこまで自信がないという方はガックリきたかもしれません。しかしご安心ください最近ではIQは後天的に鍛えられるという研究結果が出てきています。

 

科学雑誌ネイチャーにも掲載されたユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究によると、33人の10代の被験者を数年間追跡したところIQが伸びていることが分かったそうです。

IQが高いほど創造性が高い!

IQがすべてを決めるわけではありませんが、やはりIQが高いほど人生の成功につながります。というのもIQが高い人の方が創造性が高いからです。

 

ジョージア工科大学の研究によると、IQの高さと創造性の高さには相関関係が見られたとか。つまりIQを鍛えることができれば、新しいことを思いつく能力も高くなるわけです。

 

ここまでの記事で自然のなかで考える、ノート術を工夫するなど新たな発想を得るための手法をお伝えしてきました。これらが創造性を伸ばす短期的なテクニックだとしたら、今回紹介するIQの底上げは創造性を長期的に伸ばすための修行です。

短期的な手法と長期的な手法を同時進行で使いながら、創造力をブーストさせていきましょう。

 

自分のIQが高いかどうか一発で知る方法

まずは自分が知能が高いのかどうか考えてみましょう。IQテストを受けるのが手っ取り早いのですが、ネットに転がっているようなIQテストは信憑性に欠けるものも多いです。

 

実は知能が高い人には特徴があります。その特徴と自分を比べることで自分のIQが高いか低いか推定することができます。

コメント