脳科学的に正しい創造性を高める4つの習慣

社畜にならない創造性マニュアル

 

1.人と違うことを意識的に行う

独創性を高めるためには、普段から人と違うことを積極的に行うようにしましょう。

仕事場で急に腹筋をし始めたり、スーツを着て行かなかったり、昼食をすべてピーナッツにしたりなどちょっと変わっているようなことをするのです。

 

なぜなら、独創的になるには自分が常識だと思っていることを裏切る必要があるからです。独創的な人の脳では認知的脱抑制」という状態が生じています

認知的脱抑制とは、抑制的な考えから外れて自由な思考をしている状態のことを指します。

 

周りと同じように行動していると「常識的にこうするものだ」という自己抑制をかけるのが習慣となってしまい、そこから抜け出すのが難しくなります。みんながやっているようにやるのではなく、「この行動って必要?」「この作業必要?」と一度疑ってみる習慣をつけましょう。

 

2.スマホの電源を切ろう

2-1.すぐに検索しない→「ど忘れ」が創造性を伸ばす!

コメント