ダイエットを成功させるセルフコンパッションの技術

心理学ダイエット

ストレスだけで食べてなくても太りやすくなる

ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌される アドレナリンが上昇する お腹の脂肪が増加し悪玉 コレステロールが増え善玉は減少する 炎症が悪化しコレステロールが増え 不妊になる確率が上がる 女性学歴が増え 髪の毛が抜けていく 筋肉が落ち不眠が増え動悸も激しくなる

慢性的にストレスにさらされている人ほど太りやすくなるということが分かっている ダイエットをする人達にもストレス解消のテクニックは必要

記憶自己認識ストレス共感などに関係する領域に変化が見られた 16人の参加者なのを3回に分けてスキャンした まずは8週間のマインドフルネスのレッスンが始まる前 次に受験期間中次に受講5 1日平均27分のマインドフルネスに取り組んだ被験者たちはストレスレベルが明らかに減った 学習記憶自己認識の中枢となる会話の解約室 の密度が増加していた

 

食べてしまった自分を許すようにしよう

ダイエットを成功させるためには自分を許すことが重要だとされています。
ルイジアナ州立大学とデューク大学が行った実験を見てみましょう。
  1. ダイエット中の女性を対象にドーナツを食べてもらう。
  2. 一部の被験者には 「ドーナツを食べて罪悪感を感じてしまっているかもしれませんが、あまり自分に厳しくしないようにたまには自分を甘やかすことも大事です」という趣旨の声かけをする
  3. その後、目の前にあるお菓子を食べてもらったところ、声かけをされたグループの方が食べる量が少なかった
つまり、思いやりの言葉をかけられたグループの方が、ダイエットへの意欲を取り戻しやすかったのです。
 
普通に考えると、「自分に優しくしてもいいんですよ」と声をかけたほうが、よりたくさんのお菓子を食べそうですがそうはならなかったということです。つまり、ダイエットで挫折しそうになった時にも自分を許すことが大事だということです。
 
【今日の心トレ】不健康なものを食べてしまったときは自分を励まそう

【獲得経験値】

 

コメント