何のために生きてるの?

社畜にならない創造性マニュアル

「何のために生きてるの?」と聞かれて、答えられますか?

「何のために生きてるの?」といった質問に答えられるでしょうか?

単に働いて、食って、寝てを繰り返すだけでは動物と同じです。せっかく様々な文化を楽しめる人間として生まれたのですから、自分が生きる目的ぐらいは持っておきたいものです。

そこで今回は自分だけの人生の目的を見つける方法をご紹介します。

 

情熱+強み+価値観=人生の目的

世間でよく言われている「好きなことを仕事にする」とか「強みを活かした仕事に就く」という考え方は、半分間違いです。

好きなことを仕事にしても、結局は好きではない仕事があります。実際に「好き」という基準で仕事を選ぶ人ほど、仕事への満足度が低いという研究があります。

また、強みを活かすというのも間違い。強みだけで仕事を決めると、自分と似たような強みを持っている人がゴロゴロいる職場で働かなければいけません。強みで職場を決めると、自分の強みも埋もれてしまうのです。

 

やりたいことを見つけるには、好きなこと(情熱)と強みに加えて、自分が大事にしたいこと(価値観)について考えるのがおすすめです。

 

みなさんが人生という名の航海をする船人だとすると、情熱・強み・価値観はそれぞれ、

  1. 情熱→人生の舞台となる船
  2. 強み→備えてある武器
  3. 価値観→進むべき道を示す羅針盤

みたいなイメージです(笑)

情熱=好きなことを見つける

好きなことへのハードルを高くする必要はありません。もちろん寝食を忘れて没頭できるようなものがあれば最高です。しかし多くの人は自分が大好きなことを見つけることに苦戦しているはずです。

ですのでここでは「ちょっと興味があること」「気になっていること」で十分です。最初から大好きでなくても、やっているうちに好きになっていくこともあります。「情熱は育てていくものだ!」と認識してください。

 

強み=得意なこと見つける

次に自分が得意なことを挙げてみてください。得意なことというのは特技とはちょっと違います。後天的に身に着けた技能や知識ではなく、本来の自分の強みです。

例えば、向学心・創造性・リーダーシップ・人と関わること…などがあります。

 

情熱と強みを組み合わせることができれば、段々と自分がやりたいことが見えてきます。例えば、好きなこと(情熱)が「お喋り」で、強みが「人助け」であれば、自分のお喋りスキルを人に伝えてコミュニケーションが苦手な人を指導する「お喋りコーディネーター」なんかになってみると面白いかもしれません。

同じようにお喋りが好きな人でも、強みが「好奇心」なら、「海外に行っていろんな人と交流する」とか「お喋りのスキルをさらに研究して発信する」といったやりたいことが見えてきます。

 

価値観=大事にしたいものを見つける

最後に自分の価値観を見つけましょう。価値観とは人生の羅針盤のようなものです。羅針盤を持っていると道に迷うことがないように、価値観をハッキリさせておくと人生でも選択を間違うことがグッと減ります。

例えば、将来の身の振り方の選択。多くの人は「自分が将来何になりたいか?」と悩みますよね?実はこの質問には落とし穴があります。それは「なりたいこと」と「やりたいこと」が違う場合があるということです。

僕の場合なら、読書が好きですがだからといって書店で働くのはどうでしょうか?書店員になったからといって読書ができるわけではありませんし、書店員の仕事を「やりたい」わけではありません。

恐竜が好きだからと言って、恐竜博士になるというのもどうでしょう?僕は恐竜について知ることが好きであって、厳しい環境で汗をかきながら発掘をしたり、論文を書いたりするのを「やりたい」とは限りません。

 

仕事を選ぶ際には、「なりたい」人ではなく「やりたい」ことを明確にしておく必要があるのです。そこで重要なのが自分の価値観です。価値観とは「人との交流を大事にしたい」「家族を大自慰したい」「合理的に生きたい」「知識を吸収したい」「新しいものをつくりたい」…などがあります。

僕は価値観をハッキリとさせていなかったせいで、進路選択で大きな間違いをしたことがあります。僕は高校を卒業するときに「シャーロック・ホームズになりたい!」と考えて、刑事を目指していました(ホームズは刑事じゃありませんが)。

とても高校生の思考とは考えられない幼稚さです。しかし幼稚な思考以上に大きな問題は、「シャーロック・ホームズになりたい」と考えるだけで、ホームズみたいになって何を「やりたいのか」という価値観を明確にしておかなかったことです。

僕はホームズが自分の知識をフル活用して、目の前の問題を解決する様にカッコいい!と思っていたことに気づきました。つまり、僕の価値観は「知識を吸収して、それを何かを活かすこと」です。こうした価値観に気づいていれば、進路先は何も探偵や刑事じゃなくてもたくさんありますよね。

 

マイノート
  1. 好きなこと:カードゲーム
  2. 得意なこと:学ぶこと(向学心)、思いつくこと(創造力)
  3. 大事にしたいこと:新しいものを生み出したい(創造性)

これらを組み合わせると、「様々な科学の知識をカードゲームにする『TCGクリエイター』になって、新しいものを生み出し続けたい」といった人生の目的を見つけることができました。

好きなことだけで選ぶ
→TGCプレイヤーになろう!→現実は甘くない→×
→カードのショップ店員になろう→実際にカードゲームをする機会はほとんどない→×
得意なことだけで選ぶ
→研究者になろう!→自分よりも頭のいい人はいくらでもいる→×
→芸術家になろう!→自分よりもセンスがある人はいくらでもいる→×

 

 

【今日の心トレ】「なりたいもの」ではなく、なってから何を「やりたい」のかを考えてみよう

【獲得経験値】

 

コメント