【三種の神器】当てはめれば勝手にアイデアが生まれてくる!発想の方程式

社畜にならない創造性【エッセンス】

今回は誰でもアイデアを発想することができる、発想の方程式についてです。

 

「アイデアを考える」「ひらめきを得る」というと、一部の天才しかできないようなイメージです。しかし、発想の方程式を使えば、誰でも勝手にアイデアを得ることができます。

実際に、僕もこの発送術を使い始めてから、ブログのネタがないときにでも思いつけるようになりました。クリエイティブなことを習慣づける際には必須の思考ツールです。

発想の方程式「目的・材料・アイデア」のサイクルを回せ!

発想を得るためには以下の3つの要素を使いこなすことが重要です。

  1. 目的・発想テーマ:「こんなことを思いつきたい!」「こんな問題を解決したい」という目的
  2. 材料・先行事例:本から偉える知識・ネットで得られる情報・日常の気付き…など
  3. アイデア:思いついたアイデアです。1の目的に対するゴール

 

今回は「目的・材料・アイデア」を使った3種類の発想術を、具体的な事例を使って紹介します。

プルタブ式「目的先行型発想術」

最初に紹介するのは、「目的・発想テーマ」からスタートする目的先行型発想術です。

目的先行型で得られたアイデアの事例としては、「プルタブ」が挙げられます。「プルタブ」とは缶ジュースについている蓋のことです。プルタブは「缶切りを使わずに缶を開けるためにはどうしたらいいか?」という目的から考えられました。

 

プルタブを例に、目的先行型発想術の手順をご紹介します。

目的先行型発想術の手順

コメント