「どうして行かない?」不登校の原因がわからないときの対処

不登校の原因
 
「不登校の原因がわからない」
「どうして学校に行かないの!」
 
親から見て不登校の原因がわからないということはよくあります。
原因がわからないと対処の仕方がわかりませんし不安になりますよね。
 
そこで今回は不登校の原因がわからないときの対処法について解説します。
 
これを読めば、心に余裕を持ってお子さんと接することができるはずです。
 
 
 

原因は言葉では表せない不安

そもそも「不登校の理由は?」と聞かれて、「はい、~~です。」と一言で答えられるほど単純な理由ではないのかもしれません。
 
中学生の不登校の原因として多いのは友人関係です。
しかし、友人関係と一言では言っても様々です。
 
 
例えば、教室に入るときに感じる視線居心地の悪さなどです。
 
多感な時期ですから、「周りに噂されているのではないか」「嫌われたらハブられる(のけものにされる)のではないか」などと周りの視線を気にしてしまうのです。
 
 
「いじめられているわけではない。無視されているわけではない。でも言葉では表せない違和感を感じる」というのが原因不明の不登校の正体なのです。
 
 

心や環境の変化が原因

 

子供が敏感になるのは中学に入ってからの環境の変化が大きいです。
 
例えば、中学生になれば思春期も本格的に入り多感な時期になります。
部活も始まりますし、授業の科目ごとに教師が変わるようになるので教師との相性も出てきます
 
  • 部活が嫌になって
  • 部活でみんなについていけなくて
  • 本当はやりたくないけどみんなが入った部活に入って後悔して
  • 怖い先生がいて
  • あからさまに成績で生徒を判断する先生に嫌になって
  • 自分の成績や順位をクラスの前で発表されて
など不登校の原因は様々です。
 

「罪悪感がないフリ」をしている可能性も

 

もしも不安を感じているような素振りがなくても、怠けているだけと決めつけるのは控えてください。
 
お子さんが自分の不登校を恥ずかしく思い罪悪感のないフリをしている可能性もあります。
 
例えば、今まで以上に学校の文句を言ったり、「学校ダり~」などと言うのはお子さんなりの強がりかもしれません
 
この場合、本当は学校で友人ができないから行きたくないのに「面倒だから行かない」という強がりをしている可能性があります。
 
環境が変わる節目(入学、クラス替えなど)でと変わった様子はないかをよく観察しましょう。
 
 

まずは家での生活を安定させる

学校に行かなくても同じ時間に起きる

 

まずは、無理矢理学校に行かせるのではなく家での規則正しい生活を心がけましょう。

昼夜逆転にならないように、すでになっているならそれを直すように取り組みましょう。

 
学校に行かなくても学校に行く時間と同じ時間に起きるように指導してください。

 

また、遅れてもいいから学校に行こうと言ってもダメです。
遅れて教室に入るのは恥ずかしいという気持ちがあるからです。

そして朝ごはんで栄養をしっかりと摂らせるようにしてください。
 
 

朝ごはんには具だくさん味噌汁

 

朝と夜のごはんに具材をたっぷりと入れた味噌汁を作るようにしてみてください。
 
栄養が不足している状態だと不安感が強くなります。
 
僕たちには感情ホルモンというホルモンがあります。
「やる気ホルモン」であるドーパミンと、
「安らぎホルモン」と呼ばれるセロトニンがその代表です。
 
この2種類のホルモンが適度に分泌されている状態なら、やる気と安心感のある心を持つことができます。
 
やる気ホルモンと安らぎホルモンはアミノ酸からできます。そしてこの2つが作られるときにビタミンやミネラルが必要となります。
 
味噌を食べることで、ビタミンやミネラルを補充することができ、具だくさんにすることで他の栄養素もバランスよく摂取することができるのです。
 
 

「不登校なんだから」という意味合いの言葉は控える

 

「不登校なんだから」という意味合いの言葉は控えるようにしましょう。
 
親は不登校の子供に早く学校にいかせなければと焦ってしまうので子供のちょっとした行動にも目くじらをたてるようになります。
 
例えば、普段だったらゲームを許しているのに、子供が不登校になったら「ゲームはダメ!」と必要以上に叱ってしまいます
 
しかし、不登校とゲームにはなんの関係もありません。
時間を決めていたり、兄弟と交代するルールを設けているなら、あくまでも「ルールだから」という指導の仕方をしてください。
 
決して「あなたは学校に行ってないんだから弟に譲りなさい」「昼間からやっていたでしょう?」などという言い方をしてはいけません。
 
「1時間ごとに交代の約束でしょう?」という風に注意しましょう。
 
 
 

まとめ:親が焦ってもしょうがない

さて、不登校の原因がわからないときの対処の仕方について解説しました。

  • 得体の知れない不安感を理解する
  • 家の中でできることから
  • 「不登校なんだから…」という意味合いの言葉は控える
 
不登校になってしまい親が焦ってしまうのはわかります。
しかし、親の不安は子供にも伝染してしまうものです。
 
子供が不登校になったからこそ親はどっしりと構えて家での不安を取り除いてあげましょう。
 
 

コメント