不登校は恥ずかしい?劣等感を消し去る方法

 
 
「不登校を知られるのは恥ずかしい」
 
これは、不登校の子供がヒシヒシと感じていることです。
 
ならばまずはその劣等感を和らげてあげることが重要です。
 
 
 

 
一番てっとり早いのは、「権威」を借りることです。
 
例えば、不登校でも成功している人の名前を出してみること。
 
 
不登校だった著名人や偉人はたくさんいます。
 
演出家の宮本亜門、映画監督の押井守
発明王エジソンも小学校を退学になっています。
 
「エジソンも学校には行かずに偉大な発明をしたんだよ」
「不登校から演出家になった人もいるんだよ」
 
 
下手に病人のように気遣って優しくするだけではより劣等感を植え付けるだけです。
 
 
 

短所ではなく個性

 

 
 
そもそも学校に行けないことが周りから大きく劣っているというのが間違いです。
 
ただ学校というコミュニティが合わなかった。
それだけの話です。
 
トム・クルーズだって、読み書きはできませんが、誰もが知っている俳優になっています。
 
悪いところは「個性」と受け流し、いいところを見ましょう。

コメント