不登校の家庭訪問のベストな頻度は?会えなくてもOK!?

 
相談者
相談者

中学2年生の息子なのですが、中1のときから不登校が始まりました。

先生が家庭訪問をしたりしているのですが、会うことを拒否します。

 

家庭訪問は行くだけで目標達成

家庭訪問を行っても子供が会ってくれないことはよくあります。

子供にとっては家庭訪問がプレッシャーになることもありますし、「こんな自分のことを見てほしくない」という気持ちもあるからです。

 

それでも家庭訪問に対して、「自分は見捨てられていない」と思えて嬉しかったという肯定的な面もあります。

そういう意味では家庭訪問は行くだけでも効果があるのです。

 

「せっかく時間を割いて行ったのに子供に会えなかった」と落胆したり、「今日は会えるまで帰らない」と意地を張る必要はないのです。

保護者の方と玄関先で学校の様子について話していれば、子供は耳をすませて聞いていたりします。

 

また、家庭訪問の頻度は月に1,2回程度がいいとされています。

 

 

 

コメント