不登校に対する欠かしてはいけない4つの声かけ

「不登校の子供になんて声をかけたらいいんだろう…」

親なら誰もが悩んでしまうところですよね。

繊細な子供に下手な言葉をかけると余計に引きこもってしまうのではないかと固まってしまいますよね。

確かに不登校の子供は繊細な性格です。

今回は、それを分かったうえでの「声のかけ方・対応の仕方」を紹介していきたいと思います。

親との関係

親が離婚しておりどちらかがいない

父子家庭の場合なら、料理を上手く作れず栄養があまりとれない可能性があります。

栄養が欠けると精神面にも影響しますよね。

なのでイライラしやすく、我慢ができない子になるでしょう。

逆に母子家庭だと「おやじ力」が足りず、甘えてばかりの子になるでしょう。

甘えん坊な子供は学校に問題がなくても「家が心地いいから家にいる」という理由で不登校になるので厄介です。

不登校の心理

人目を気にしすぎる

人目を気にしすぎるのは、親の影響もあります。

例えば、あなたが他人の悪口を言っているところを子供が見れば何と思うでしょう。

「きっと自分も友達に影でこう言われてるんだ…」

少なくとも子供にいい影響があるわけはありません。

国語力に欠ける

不登校の子どもは「言葉が足りない、配慮が足りない」という理由で勝手に傷ついてしまうこともあります。

例えば、学校で何かを貸してもらおうと声をかけて嫌な顔をされたとしましょう。

勝手に傷ついてしまうかもしれませんが、ちょうど使おうとしていて都合が悪かっただけかもしれません。別に嫌われているとは限らないのです。

それは伝え方が悪いかもしれません。

伝え方が下手な子は理解も下手で、言ったことを忘れていることもしばしばです。

対策としては、「今言ったことを説明してみて」と理解しているかをチェックしましょう。

声のかけ方・接し方

不登校の子にするべき処置は以下の通りです。

1.家ではほのぼのと過ごさせる

「どうして学校に行かないの!」

「学校に行けないなら働きなさい」

こうして無理やり連れていこうとするのは逆効果です。

家では精神的に安らげる空間にして休ませてあげることも大事です。

2.家の手伝いをしてもらう

休ませてあげるといっても1日中ベッドの上でゴロゴロさせておけというわけではありません。

むしろ一人で閉じこもる方が精神的には苦痛です。

ならば気分転換に家の手伝いをしてもらいましょう。

本人も役に立つことで学校に行かない罪悪感が薄れることでしょう。

そして感謝を忘れないことです。「手伝ってくれてありがとう」と言われれば、自己肯定感が回復して自信が持てるはずです。

3.「やってから言え!」を徹底する

不登校の子供は自信を無くしています。

「どうせ何をやっても…」という気持ちに陥りがちで、行動力が無くなっています。

「学校に行かなくても早起きする」

「」

など小さな目標を決めて、まずは「やってみる」精神を鍛えます。

4.嫌な記憶は外食で忘れる

時には夜に外食に行くのもいいでしょう。

普段とは違う環境で気分転換されるはずです。

以上が効果的な声のかけ方です。

不登校の子供さんに積極的に声をかけてみてください。

 

 

コメント