不登校へのアプローチ

「自分が死んでも自立して生きていける子になってほしい」

子供さんが学校に行けなくて悩んでいる親御さんにとっては切実な願いだと思います。

 

学校に行けない子たちは、不安やストレス、無気力と闘っています。

親御さんにも子供と一緒に闘ってほしいと思うのです。
子供に世の中で生きていけるメンタルを持ってもらうために!

 

カウンセリングではできない日常的な言葉がけ

僕のメルマガ「かける言葉でみるみる変わる!不登校のメンタルトレーニング」では、子供に自信をつけることを目的とした、
・性格の弱みを個性に変える方法
・子どもの長所を見つける方法

などについて配信しています。

検索で探すことが難しい、少し視点を変えたメンタルトレーニングに関する情報満載です。

 

カウンセリングでは、現状を聞いて適切な方向性に導くことはできても、毎日話を聞いてあげたり言葉をかけてあげたりはできません。

なので親として子供に自信をつけてもらうための日常的なアプローチの仕方を知ってほしいのです。

 

かける言葉を変えるだけで、自分を受け入れて堂々としているお子さんの姿を見れるはずです。

 

無理せずいい距離感を

不登校の子供に対して情を注ぎすぎる。または厳しくして突き放す。

どちらのやり方でもダメです。

・不登校になる前と同じように学校以外の話題もあげる。
・不登校になる前と同じように接する。

これが重要です。

 

あなたが無理をせず子供と距離をとる時間も必要ですよ。子供のことばかりだとあなたの時間がなくなります。

 

今後の配信予定

毎週火曜日の10:00前後に配信予定です。

 

登録はこちらから↓ 
※メールアドレスを入力してください。