プロフィール

こんにちは、不登校カウンセラーの山影 光(やまかげ ひかる)です。

不登校で困っている親御さんやお子さんとビデオカウンセリングを行っています。

 

教室でも世渡りの技術は必要になる

学校の生活で悩んでいる人たちに参考になればと思い、一人の青年の話をします。

その青年は高校であまり周囲と打ち解けられない子でした。ですが不登校ではなかったし、いわゆる「ぼっち」とは少しちがいました。

友達はいないんです。でも今思うとクラスで不思議な立ち位置にいて、話しかけられたらクラスで目立つ子とも普通に話していました。

「お一人様」と言えばいいんでしょうか?

誰一人として親しい仲にはなっていなかったし、修学旅行の班分けでも孤立するような人でした。かと思ったらたま~に誰かとゲームをしたり、みんなの前で発表するときにフザケて笑わせたりしていました。

ぼっちだけどぼっちらしくない。イケてるグループに属するわけでもない。ちょっと変なやつです。

それで周りに許される器用さがありました。「世渡り」ならぬ「教室渡り」がうまかったんだと思います。

 

しかし、本人は「友人がいないのを気にしていた」「周りにどう思われるか不安だった」と当時のことを思い返しています

学校も嫌だったそうです。

 

だけど彼に居場所はあるような気がしました。だからこそ学校に来ていたんだと思います。

 

今、その青年は不登校カウンセラーとなりあなたのスマートフォンの向こうで学校に悩む人の相談を待っています。

そして、学校の雰囲気の中で敏感に感じていたことやその中で自分の居場所を作る「教室渡り」の方法を活かそうとしています。

 

 

「山影」のプロフィール紹介

名前:山影 光(やまかげ ひかる)

性別:男

性格:内向的、傷つきやすい

趣味:読書(月に30冊ぐらい)

特技:速読

好きな異性のタイプ:僕をほっといてくれる人。

今後の目標:人を理解する

兄弟:妹が一人の長男です。(よく「一人っ子でしょ?」と言われますが)

好きな歌手

好きな食べ物:カレーライス、チョコ、パフェ。

嫌いな食べ物:泳がない魚貝類。トマト、キウイフルーツ、梅など酸っぱいのは苦手。トマトは熱を通したものは好き。

その他:猫派、海派、インドア派