不登校に対応するには?知っておきたい3つのステップ

 
 
 
不登校に対応する時は大きく分けて三つのステップがあります。
 
まずは、親子関係の改善、生活の改善、そして登校刺激で。
この順番を間違うといくら不登校に関する知識を身につけて実践してもすべて逆効果となってしまいます。
 
 

対応1.親子関係の修復

まずは親子関係を修復して、お互いに意見を聞き入れてくれる関係性を作ることが大事です。
 
不登校になったら親も子供も焦ってしまって衝突が多くなることでしょう。
 
しかし、そんなバチバチの状態で「○時に起きなさい!」「ご飯をちゃんと食べなさい!」「学校に行きなさい!」と言っても反抗されるだけです。
 
 
親子関係を修復すること。
これが不登校解決の第一のステップです。
 
 

1-1.子供が受けている親からのプレッシャーを理解する

親からしてみると、「子供が勝手に不登校になっただけで、親子関係には何も問題がない」と思われるかもしれません。
 
確かに不登校の原因は学校内にあることが多いです。友人関係だったり、先生と意見が合わなかったり、勉強についていけなかったり…などです。
 
しかし、不登校が長引いて引きこもりや家庭内暴力昼夜逆転となってしまうのは全て親子の関係がうまくなっていっていないからです。
 
子供は親に対してかなりプレッシャーを感じていま。
「学校に行けない自分は悪い子だ」「そのうち親にも見捨てられる」というふうに思っています。
 
親に何か言われるのが不安だから部屋から出てこれないし、朝起きてくることもできないのです。
 
 
逆に親子関係さえ改善してしまえば健康的で元気な姿を見ることができるでしょう。
 
 
1-2.子供の気持ちを汲み取ってあげる
まずは共感的な会話を心がけましょう。
 
「不安ストップ話法」としてブログでも紹介しました。
重要なのは、共感すること想定させることの2つです。
 
 
例えば、例えば人前で 発表したり 初めての人と話したりすることに不安を感じ不登校になってしまった子の場合、
 

人前に出ると緊張するんだね?(共感する

それはもし失敗したり、声が震えたりしたら恥ずかしいと思うから?

ーうん、人前で話すとか苦手だし…

 

でもさ、昔もっと緊張したこととか失敗したこととかあるでしょう?考えてみて(もっと悪い状況を乗り越えた想定させる

ーうん、小学校のときオシッコ漏らしたとき。めっちゃ恥ずかしかった

 

それは今でも恥ずかしかったり、話題にされたりするの?

ー恥ずかしいとは思うけど、みんなは覚えてないよ

 

だったらきっと発表であなたが失敗したこともすぐ忘れちゃうよ。

ーう~ん、そっか。

 
このように気持ちを受け止めてあげた上で、「もっと悪い状況があったらどうか」「子供が思い込んでいることが見当はずれだったらどうか」などという風に他の可能性を想定させてあげるのです。
 
このステップを踏めば学校の不安を解消してあげることができるでしょう。
 
 
 

両親が意見を合わせる

両親の不仲も子供の不安を大きくする一つの要因となります。
なぜなら、「両親が仲が悪くなったのは自分のせい」だと考えてしまうかもしれないからです。
 
また、片方の親が「不登校でも今は仕方ない」と割り切ったとしても、片方の親が「それでは許さない」という考え方の場合、子供は混乱してしまうに違いありません。
 
ですから、父親と母親が意見を合わせるということが大事です。
 
この記事を最後まで読み終わったら、「心理カウンセラーのホームページにこういう風に書いてあったんだけど…」という風にお父さんと情報共有し、今日から実践してみてください。
 
 
 

子供の良いところを探す

普段から子供の良いところを探して、褒めてあげるようにしましょう。
 
子供が不登校になってから「学校に行けない自分は悪いダメな子」だというふうに自分の評価が下がっているからです。
 
しかし、子供は急に親が態度を変えたりあからさまに褒めたりするのを敏感に察知します。
 
ですからちょっとしたテクニックを使いましょう。「最初はけなし、後から褒める」というテクニックです。
 
例えば、「あなたはとても内向的で暗い性格だけど(けなし)、一人で黙々と作業をしたりする仕事が向いているのかもしれないね(ほめ)」という感じです。
 
一旦下げてから褒める。
これをすることでただ単に褒めるよりも、わざとらしい印象がなくなるのです。
 
 
ポイントは先にけなすということです。人は「~だけど」という逆説の後の言葉を強く印象に残します。
 
ですから褒めた後にけなしてしまうとけなし言葉の方が印象に残ってしまうのでよくありません。
 
 

「学校に行っても行かなくてもいい」という許可を出す

もう一度確認ですが、このステップは親子関係を改善するためのステップです。
 
ですから今は登校刺激については考えません。この段階では「今は学校に行っても行かなくても OKだよ」という風に許可を出しましょう。
 
でないと、いつまでも学校に行けないことに罪悪感を感じてしまいます。
家庭でも居心地よくすることができません。
 
 

家での手伝いお任せてみる

自分が仕事に行ってる間に手伝いを任せてみましょう。
 
これも子供に対して「自分にもできる仕事がある」という風に自信を持ってもらうためです。
 
 
もし任せた仕事をやってなかったとしても咎めてはいけません。
「やってくれなかったんだ。残念」ぐらいにとどめておきましょう。
 
その代わりやってくれた時はめいっぱい感謝を伝えてください。
 
 
 

ゲームは一緒にやれ

不登校になって困ってしまうのはゲームやスマートフォンの動画に依存してしまうことです。
 
なぜゲームにはまってしまうのかと言うと、単純にゲームでの達成感を味わいたいからです。
不登校になっている子供は自分の評価が下がっています。
 
 
ゲームをして「クリアできた!」という達成感を感じることで、「自分にはまだ価値がある」というふうに認識しています。
 
 
こんな状況ですから、ゲームを無理やり取りあげたりすることは意味をなしません。
不登校の子供からゲームを取り上げたらその子が翌日自殺を図ったという例もあるので要注意です。
 
 
ゲームに依存している子には、「ゲームをやめろ」と言うのではなくて、「一緒にやろう」と持ちかけましょう。
最近の子はスマートフォンでゲームをしていますから、お母さんのスマートフォンにも同じアプリを入れれば 一緒にプレイできるはずです
 
「どこまで進んだ?」「あのアイテムがさ~」という風に会話が広がるとベストです。
 
 
スマートフォンで動画を見ていることに熱中しているなら、テレビにつないで一緒に視聴してみましょう。
 
 
親子の壁を取り払う有効な方法なので是非行ってみてください 。
ゲームに疎いという方はお父さんに任せてみるといいでしょう。
 
 
 
 
 

ステップ2.生活を改善する

親子関係を改善し、 部屋に引きこもったりする時間が減ったり、言い合いをすることが減っていったら次のステップに移りましょう。
 
ズバリ、生活を改善していくことです。
不登校の子は食事が偏ったり、体内時計が狂ったりしています。
 
 
生活のリズムのバラつきは心のバランスを崩すことにもなります。
生活を直すことで学校に行っていない不安感を減らしてあげることができるのです。
 
 

目標を設定する

まずは学校に 行く時と同じ時間 に起きることを目指しましょう。
 
と言っても今まで夕方に起きていた子がいきなり朝6時に起きるというのはハードルが高すぎます。
「朝10時には起きるようにする」という風にクリアできそうな目標から設定しましょう。
 
 

食事を改善する

まずは朝栄養バランスが取れており美味しい食事を作ってあげましょう。
 
おすすめは具だくさんの味噌汁です。味噌にはビタミン、ミネラル、トリプトファンなど様々な栄養素が含まれています。
 
 
これらの栄養素がドーパミンやセロトニンといった感情ホルモンを作る働きをしてくれます。
 
ドーパミンはやる気ホルモンと呼ばれ、これが分泌されることで活力を生み出してくれます。
セロトニンは安らぎホルモンと呼ばれ、これが分泌されることで 不安でたまらない不登校の子供の心を癒すことができます。
 
 
また、感情ホルモンを分泌させるだけでは意味がありません。ホルモンを受け取るための「受容体」というのを作る必要があります。
 
ホルモンと受容体は、鍵と鍵穴の関係です。
ホルモンが受容体にはまることで初めてセロトニンやドーパミンの効果が発揮されます。
 
 
受容体を作るためには魚など食べることをお勧めします。魚には不飽和脂肪酸というのが含まれており、この不飽和脂肪酸が受容体を作ってくれます。
 
 
 
 

睡眠を改善する

睡眠を改善するにも食事が鍵となります。
先ほど言った セロトニンという物質は 夜になるとメラトニンという物質に変わります。
 
このメラトニンという物質が睡眠を促してくれるのです。
 
 
先ほどセロトニンは主にトリプトファンから作られます。
トリプトファンは、味噌の他にも、卵・牛乳・バナナ・豆腐・納豆・醤油などに含まれます。
 
朝ごはんは、これらの食品を使って作ってあげるといいでしょう。
 
 
「朝にトリプトファンを取り込み、日中セロトニンを作り、夜はメラトニンになる」
 
このサイクルを作り出すことができれば、昼は気分が安定し夜は勝手に眠くなるという理想的な生活サイクルを取り戻すことができます。
 
 
 

ステップ3.登校刺激

最後のステップはようやく登校刺激です。
 
親子の仲も改善され、気分も安定してきて初めて登校刺激は意味をなしてきます。
 

共感型の登校刺激を心がける

登校刺激の際は「学校に行くのか?行かないのか?」という二択を迫るのではなく、もう少し寄り添った共感的な会話を心がけましょう。
 
「学校に行けないでどういう気持ち?」「これからどうしたい?」「不安が少ない方法で学校に行くにはどうすればいい?」
 
こういう風に子供へ「あなたを理解するつもりがある」という意思を示すのです。
 
 

選択肢を知る

人生経験の浅い子供がこの先どうしたいかなどと考えるのは少し難しいでしょう。ですから選択肢を出してあげる必要があります。
 
 
 
1つはこのまま家にいて勉強をしてみる方法です。
実際に不登校の人は独学で勉強して難関大学に行ったり、起業して社長になった人だっています
 
日本では学校に行けなくなったら人生の終わりのように扱われますが、海外では自宅で勉強するフリーラーニングというのはポピュラーです。
 
 
もう1つは独学ではなく家庭教師などを雇って勉強させる方法です。通信制学校で授業を受けるでもいいでしょう。
 
 
家庭教師や新しい学校を選ぶときには、実績ではなくて先生の人柄や雰囲気を見て決めるのが重要です。
 

まとめ

不登校への対応のステップです。
  1. 親子関係を改善し、信頼を得る
  2. 生活を改善し、感情ホルモンを安定させる
  3. 無理のない登校刺激をする
 
重要なのは意外と1と2です。
1,2がうまくいっていれば登校刺激がラクになります。
 
 
ながながと解説してきましたが、なにか1つでもいいので今日から実践してみてください。
さぁ、子供に声をかけましょう。
 
 
 
参考文献

 

性格タイプテストのご案内

性格タイプを知ることで不登校の原因を知ることができます。

性格タイプとは生まれつき決まっておりこの先変わることがない性格気質のことです。

子供さん本人に受けてもらう必要はなく親御さんから見た子供さんの様子を答えていただければOKです。

たった2つの質問だけなので簡単に診断できます。

 

親視点で回答OK!子供の「性格タイプ」テスト

2つの質問で簡単!親の「性格タイプ」テスト

 

今日から実践!不登校とのコミュニケーション術を配信中!

不登校解決は親子関係の改善が必要不可欠です。

なぜなら不登校になってしまって不安や自己嫌悪を感じたりするのは、親から見放されるのではないかという心理から来ているからです。

 

LINEやメルマガでは、昼夜逆転を直すための声かけ、自分に自信を持ってもらうための声かけ、性格別の声かけ…などなど、より実践的なコミュニケーション術をお教えします。

 

登録するだけでコミュニケーションのノウハウが勝手に手に入ります。↓

友だち追加

 

メルマガ購読・解除
かける言葉でみるみる変わる!不登校のメンタルトレーニング
  


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

コメント