さらに日記テーマ

メンタルジム

 

下手すると逆効果!?科学的に正しい「日記の付け方」をまとめてみた
悩みやすい性格の人には日記をつけることをオススメします。ただ書き方は注意するべきです。 書き方を間違えると逆にメンタルを病む原因に!? 自分の感情と向き合うためには日記がオススメです。 実際に、ネガティブな出来事を日記に書き出した...

前回の記事↑で日記をつけるときにオススメのテーマをご紹介しました。夜の習慣として取り組んでいますか?

 

そろそろ同じようなテーマにも飽きてきたと思うので新しくオススメのテーマをご紹介します。

 

今日起こったいいことを3つ書こう「スリー・グッド・シングス」

アメリカのポジティブ心理学者セリグマンが考案したThree good Things といううつの改善方法を実践してみましょう。

スリー・グッド・シングスとはその名の通り3つのいいことを書き出す手法です。

 

1日の終わりに「今日起こった3つのいいことはなんだろう?」と考えて書き出してみてください。

いいことは些細なことで十分です。例えば、

  1. 今日はブログ執筆が捗って3500文字も書けたぞ
  2. 動物の絵を描いてみたら意外と上手に描けたぞ
  3. 夜に食べたキャベツと肉の炒め物がうまかった

みたいな感じ。

 

今日成功した冒険について書こう

前回の日記の記事では「失敗日記を書こう!」とおすすめしました。

 

今回はちょっと趣向を変えて冒険ノートを提案します。

その日に行ってうまくいった冒険を記録していくのです。例えば「思いきって入った店が当たりだった!」とか「出し渋っていたアイデアを発表したら意外と受けがよかった」みたいな感じ。

 

冒険日記を書く理由は、「冒険をしたら意外といい結果になるぞ!」ということを脳に覚え込ませていくためです。冒険日記を読み返すことに、「次もうまく行くかもしれない」と思うようになり、フットワークがどんどん軽くなっていきます。

 

失敗日記も冒険日記も行動力を高めるための日記です。

ですので、挑戦してから失敗したことは「失敗しちゃったけど失敗ネタとして日記に書けるな」と受け流し、成功したことは「日記に書いて忘れないようにしよう!」と思えばいいです。

 

直感を鋭く磨き最速の判断力を磨く!直感日記

最後にお勧めするテーマは、1日のなかで感じた直感です。

例えば「なんとなく面白そうと思って手に取った本が予想通り面白かった」とかでいいです。

 

直感を書き留めておくと、「自分の直感が当たりやすいのか外れやすいのか」「どんなときに当たるのか…」といったデータを蓄積することができます。データを蓄積する度に直感を鋭くすることができるのです。

例えば、初対面の人に会ったときには、「今日初めて会った~さんは、直感的にリーダーシップがとれるタイプだと思った」みたいな感じで残しておくといいでしょう。のちのち本性が分かったときに答え合わせしましょう。人間の性格を一発で見抜く直感が養われます。

 

【今日の心トレ】テーマをひとつ選んだ夜に日記を書いてみよう
  1. 1日のなかで起こった3つのいいこと
  2. 冒険してうまくいったこと
  3. 1日のなかで感じた直感

【獲得経験値】

コメント