【心エグラれ注意】学校と家でキャラが違う自分に嫌悪感…「自己欺瞞」への処方箋

メンタルジム

「学校では友達がいなくて一言も喋らないけど、家に帰ると安心してお喋りになる。そんな自分になんとなく嫌悪感を感じる」

陰キャ民はそんな悩みを持つこともあります。僕も中学校までは結構明るいキャラだったと思うのですが、高校から友達がまったくできず暗いキャラになったので、中学校の頃から知っている人たちに見られるのが恥ずかしくてたまりませんでした。

 

今回は自分の性格を偽る「自己欺瞞」の罠についてのお話です。自分の性格を偽り、無理な振る舞いをしている方にとっては、目を逸したくなるぐらいエグッた話もありますが、覚悟して読んでください。

「本来の性格」を偽ろうとすると疲れてしまう

コメント