創造性を飛躍させるサボるテクニック

探究力
この記事はこんな方にオススメ
  • アイデアを考えたい
  • アイデアを効率よく寝かせるための習慣を試したい

 

今回は、インキュベーションを活用することによって創造性を発揮できるぜ~というお話です。

インキュベーションとは「うまくサボる」こと

インキュベーション」とは、難しい問題に対して徹底的に思考を巡らせた後、あえて休息を挟むことで思いもよらないひらめきが降りてくるという仕組みのことです。

 

インキュベーションを上手く活用することによってずっと考えっぱなしでいるよりも創造的なアイデアを出すことができます。

実際に科学者の偉大な発見のストーリーなどを見ても、机に向かっている時ではなく休息している時にアイデアが湧く例はたくさんあります。

例えば、フランスの数学者アンリポアンカレは15日間に渡り数学の難しい問題について考えていました。成果が得られなかったものの、ある日ポアンカレは普段は飲まないブラックコーヒーを飲み眠れなくなってしまいました。ベッドに潜っても眠れなかった時それまで閃かなかった解決策が閃いたそうです。

 

インキュベーション(孵化)を活用する4つのステップ

インキュベーションは以下の流れで実践します。

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。