読書ノート不要!?集中力を加速させる書き込み読書術

学習法・読書法
  • 読書をするときに集中力が続かない
  • 読書で得たことを記録しておきたい
  • でも読書ノートは面倒くさい

そんな方にオススメできるのが書き込み読書術です。

その名の通り本に直接書き込みながら読書を進めていきます。

 

書き込むだけで集中力がアップ!?

文字を書くことによって網様体賦活系(RAS)が活性化されるからです。

RASとはノルアドレナリン系や、セロトニン系、アセチルコリン系に指示を出す司令塔です。RASを活性化させることによって集中力を高めることができます。

 

読みながら情報を整理したり、思いついたアイデアを書き出すことによって、集中して読みすすめることができます。

ぜひやってみてください。明らかに手を使わないときより読書にのめり込むことができるはずです。

しかも、本に直接書き込むのならいちいちノートに注意を移す必要もないので、より読書に没頭することができます。

 

読書ノートは不要!?な理由

ノートをとることすら面倒くさいという方もいると思います。

確かに本を読むときにわざわざノートを用意するのはモチベーションの観点から見ると合理的ではありません。

 

なぜなら、アクション数(行動の数)が増えてしまうからです。

「本を読む」だけだった作業が、「ノートを用意する」→「本を読む」→「ノートに書く」という作業に変わってしまうと、それだけで億劫になってしまいます。

 

本に直接書き込むやり方は本とペンだけで済みますし、本に愛着も芽生えますので結構オススメです。

 

とはいってもお金がなくて図書館やkindleUnlimitedで本を借りることが多いなら、ノートをそばに用意しておくほうがいいかもしれません。

当然ノートを書きながらでも網様体賦活系は活性化するので集中力を保つことにはなります。

本に直接書き込んだアイデアのなかでノートに残しておきたいものだけノートに書き写すのもアリだと思います。

 

【今日の心トレ】集中したいときは書きながら!

【獲得経験値】

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。