【すぐに使える】牛肉の健康効果・調理法・レシピ

料理の科学

 

この記事はこんな方にオススメ

歳をとってからも元気に過ごしたい

認知症を予防したい

貧血を予防したい

今回は牛肉について徹底攻略していきます。※レシピ紹介は最後にまとめたので目次で飛んでください。

 

 

牛肉の健康効果

注目の栄養素
  • タンパク質→動物性タンパクは吸収率が高い
  • 鉄分→貧血を予防、うつ病予防
  • 亜鉛→頭皮の健康に
  • ビタミンB12→認知症予防
  • Lカルニチン→脂肪燃焼、疲労回復、脳機能アップ
  • オレイン酸→コレステロール抑制

 

コレステロール抑制効果

食べ過ぎなければ牛肉はむしろ健康にいいのです。

牛肉の主な成分はオリーブオイルにも含まれる「オレイン酸」です。悪玉コレステロールの抑制や生活習慣病の予防に効果的です。

疲労回復効果

牛には 「Lカルニチン」 いう栄養素を含んでいます。Lカルニチンは脂肪燃焼や疲労回復の効果があると言われています。

知的生産性アップ・認知症予防

牛肉に含まれるカルニチンとビタミンB12は脳にもいい成分です。

カルニチンは脂肪の燃焼を促し、神経細胞間の信号をスムーズにします。

 

特に、歳をとるほど牛肉は大事になります。

なぜなら、人体は肝臓と腎臓でカルニチンを作りますが、加齢が進むとその働きも滞ってしまうからです。また、ビタミン B 12が不足してしまうと脳が萎縮しアルツハイマー病にかかるリスクも上がります。

 

髪がフサフサ!

亜鉛は頭皮の健康に欠かせない栄養素です。

亜鉛は牡蠣に多く含まれますが、牛肉にも豊富です。髪をつくるためにはタンパク質も必要ですから、牛肉はバッチリの食材です。

 

牛肉の選び方・調理・保存

ビタミンCで鉄・亜鉛の吸収率アップ!

調理の際はレモンなどを添えるといいです。ビタミンCが鉄分や亜鉛の吸収率を高めてくれるからです。

目的に応じて選ぼう

国産の和牛とアメリカンビーフでは含まれる栄養素がやや異なります。

コレステロール抑制効果を期待するなら和牛をオススメします。オレイン酸は輸入牛よりも和牛の方が多いからです。

 

逆に鉄分をしっかり摂りたいならアメリカンビーフが最適です。和牛の2倍の鉄分が含まれています。

 

長時間煮込むのは意味がない

牛肉は煮込んだり液体のタレにつけている間にもビタミン B 1が流出してしまいます。

ただし煮汁に溶け出した場合でもスープごと食べてしまえば問題はありません。

 

レンジは損!短時間の加熱

牛肉に含まれるビタミン B 12は電子レンジでの加熱によって減りやすくなります。というのも、電子レンジの場合急激に高温になるためビタミン B 12の流出が激しいからです。

ですので、牛肉料理は低温で短時間の調理が基本です。

 

★レシピ

レモン醤油で鉄分吸収率アップ!

レモン醤油でさっぱりいただく サーロインステーキ 作り方・レシピ | クラシル
「レモン醤油でさっぱりいただく サーロインステーキ」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。贅沢に牛サーロイン肉をカリッとジューシーに焼き上げました。クリスマスなど、特別な日にぴったりな一品です。レモン醤油ソースがさっぱりとして、飽きのこない味わいです。ごはんにも、パンにもよく合いますよ。ぜひお試し...

↑レモンのビタミンCと、醤油に含まれる醤油多糖類 (SPS)は鉄分の吸収率を高めます。

シンプル ネギ塩牛タン 作り方・レシピ | クラシル
「シンプル ネギ塩牛タン」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。シンプルなネギ塩牛タンのご紹介です。シンプルで簡単なのに、とてもおいしく仕上がります。焼肉屋さんの定番、牛タンのネギ塩がおうちで食べられますよ。ごはんのおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりの一品です。たっぷりの野菜を敷いて、...

↑油の摂りすぎには注意。でも旨そう

シチューで食べれば溶け出したビタミンもしっかり摂取

薄切り肉で煮込み不要!フライパンビーフシチュー 作り方・レシピ | クラシル
「薄切り肉で煮込み不要!フライパンビーフシチュー」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。本来はじっくり煮込む事が必要なビーフシチューを薄切り肉でアレンジしました。フライパンを使用することで炒めから煮込みまでを、お手軽にするとともに、水分が蒸発しやすいので短時間の煮込み時間でも濃厚でおいしいビーフシ...

 

 

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。