世界を変える創造力を22倍高める「趣味」とは?

社畜にならない創造性マニュアル
この記事はこんな方にオススメ
「仕事ばかりやっているのに成果が出ない」「人とは違うひらめきを得たい」「スマホいじり以外に趣味はない」「暇な時間を有効に使いたい」

今回は発想力豊かな人たちがやっている趣味についてです。

 

イノベーションの確率が22倍アップ!?ノーベル賞科学者がやっている「趣味」

創造性を高めたいという方にお勧めするのは芸術的な趣味を持つことです。

 

特に芸術分野の趣味を持っている人は、持っていない人に比べてイノベーションとなるような大発見をする確率が高まると言います。

根拠となる研究

アメリカミシガン州立大学の研究によると、

舞台芸術の分野に秀でていたり自らも舞台で創作活動を行っている科学者は、行なっていない科学者よりも22倍ほどノーベル賞を受賞する確率が高いと言います。

ちなみに音楽を趣味にしていれば2倍、美術は7倍、工芸は7.5倍、文筆は12倍という風に言われています。

優れた科学者は自分の専門分野だけを熱心に研究しているイメージがありますが、実際には趣味や創作活動を楽しんでいたようです。

多彩な趣味が創造性を高めることに貢献する理由は、「はんか作用」によって説明できます。

人間の脳にある神経細胞は複雑に絡み合ったネットワークとなっています。1つの能力を鍛えると連鎖的に他の能力にも影響を与えると考えられます。

 

 

いきなりアートを書く必要はなし!落書きから始めよう

落書きは脳をリラックスさせ創造性を発揮するのに役立つことが分かっています。

落書きによって脳がリラックスし集中していない状態になると扁桃体の活動が抑えられます。逆に脳の「前頭極」という部分は活動が活発になり創造性が高まります。

[memo]

落書きを始めるにあたって、効果的な描き方は?

[/memo]

本格的な作品をいきなり創ろうとせずに落書きを描くことから始めてみましょう。

 

【今日の心トレ】創作活動を始めてみよう

【獲得経験値】

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。