健康にいい?食中毒の危険性?オーガニックの真偽を調べたスタンフォードの研究

料理の科学
この記事はこんな方にオススメ

オーガニック食品って本当に意味あるの?

逆に危険性はないの?

今回はオーガニック食品って結局健康なの?というお話をします。

 

オーガニック食品は、特別健康でも特別危険でもない

心トレ信頼度:★★★★

「オーガニック食品は健康的」というイメージは確かにあります。

逆に、オーガニック食品は有機肥料の代わりに発酵させた家畜の糞便を用いているため、食中毒が起きたり寄生虫に感染してしまうリスクが高いとも言われています。

 

科学的な研究では、

  1. オーガニックだからといって栄養価が高いわけではない
  2. でも特別危険というわけでもない
  3. ただし、冬場に食べるオーガニックの肉は食中毒の危険性が高い

という結果になっています。ようするに「オーガニックであろうがそんな変わらないんじゃね?」という感じでしょうか。

根拠となる研究

2012年にスタンフォード大学の研究者たちが行ったメタ分析では、オーガニック食材と言ってもそれほど健康効果が高いとは言えないよ~という結果になっています。

分析対象

オーガニック食材の健康への影響に関する人間を対象とした17個の研究と食材を調査した223個の研究

結果
  • オーガニック食材は普通の食材と栄養価においては変わらない
  • ギリギリ検出することができるレベル(※)の残留農薬に関してはオーガニック食材の方が若干低い (オーガニック食材では7%一般的な食材だと38%微量の残留農薬が認められている)※残留農薬の量としては許容レベルよりも低い範囲でそこまで心配することはないレベル
  • 病原性大腸菌に汚染されているリスクも変わらない(オーガニック食材では7%一般的な食材だと6%)
  • 冬場にオーガニックの肉を摂取することでカンピロバクター による 食中毒 にかかるリスクが7倍高まる

 

【今日の心トレ】オーガニックにこだわらなくてもいいかも

「冬場はオーガニックのお肉は控える」とだけ覚えておくといいかと。

【獲得経験値】

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。