科学的に検証!ポリフェノールのメリットまとめ

料理の科学

ポリフェノールのメリットまとめ

ポリフェノールが腸内環境を改善

心トレ信頼度:★★★★

腸内環境の改善と言ったら、発酵食品や食物繊維のイメージですが、ポリフェノールにも腸内を整える作用があるみたいです。

 

根拠となる研究

ワシントン州立大学が行ったメタ分析()によると、

  1. ポリフェノールの摂取によって健康を促進する腸内細菌(ラクトバチルス菌やビフィズス菌)を増やし、悪玉菌(クロスオリジジウム病原性種など)を減らす効果があった
  2. ラクトバチルスで396mg、ビフィズス菌で1日あたり540mgのポリフェノールの摂取が効果的

という結果が出ています。

収集・分析

「微生物叢・フラボノイド・お茶・投入・牛乳・赤ワイン・シリアル・ココアパウダー・チョコレート・りんご・武道・ベリー…など」ポリフェノール関係のキーワードを含む文献を集め、そのうち精査して残った27件の先行研究を分析。腸内環境への影響を調べた

結果
  1. ポリフェノールの摂取によりラクトバチルスの存在料は220%アップ、ビフィズス菌は56%アップ
  2. ユウバクテリウムは増えない
  3. 腸内細菌への影響はある程度の量がないとダメ。396mgの摂取量が推奨される

 

心血管疾患・がんによる死亡の予防

心トレ信頼度:★★☆☆

ポリフェノールの摂取が心血管疾患やがんなどの死亡率を下げるよ~と言われています。

根拠となる研究

エディスコーワン大学がポリフェノールの摂取量と死亡リスクを調べた研究()を見てみましょう。

観察

56048人を23年ほど追跡。(そのうち14083人が死亡)

結果
  1. ポリフェノールの日常的な摂取が多いほど、心血管疾患やがんによる死亡率が低かった
  2. 効果としては1日に約500mgの摂取でピークだった
  3. ポリフェノールによる死亡率の低下は特に喫煙者やアルコールの摂取が多い人において顕著だった

 

決して「ポリフェノールさえ摂っていれば酒やタバコの悪影響も帳消し!」というわけではありませんが、どうしてもやめられない方はポリフェノールを意識的に摂るといいでしょう。

 

※随時更新

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。