ブレスレット1つで完璧主義を治す方法

完璧主義セラピー
  • 「ノートを完璧に取らないと」といったノートまとめ病
  • 「読むと決めたんだから最初から最後まできちんと読まないと!」といった読書病

などなど完璧主義者の症状が出ていませんか?イライラしたり、自分に厳しくしすぎたりしてストレスが溜まりますよね。

今回はそんな完璧主義の思考を軽減する方法についてです。

 

ブレスレットをつけておくだけで完璧主義のストレスが軽減?

イライラの感情や自分に対する批判的な感情は「インターベンション・ブレスレット」というテクニックで軽減させることができます。

「インターベンション・ブレスレット」とは、アメリカのテキサス大学が考案したテクニックらしいです。不安傾向が強い学生を集めた実験でも不安や自尊心の低下が防げることが確認されているとか。

 

方法は簡単。

  1. ブレスレットを右手につけておく
  2. 完璧思考がよぎったときにブレスレットを右から左につけかえる
  3. 完璧思考が収まったら右に戻す

たったこれだけです。

 

ブレスレットの付替えだけで完璧思考が軽減される理由は、自分の完璧思考が生じたことを自覚できるためです。

 

人間の思考は無意識に行われるため、「自分が何を考えていたか」を気づくのは意外と大変です。「今自分は完璧主義に陥っている!」と自覚できるようになると、それだけで不安感を軽減することができるのです。

完璧思考は小さい頃から繰り返してきた染み付いた習慣です。簡単に変えることはできません。千里の道も一歩から。まずは自分の思考に気づくところから始めてみましょう。

 

もちろん必ずしもブレスレットである必要はありません。腕時計とかヘアゴムとか腕につけておいてすぐに外せるものを使いましょう。

 

コメント