「頭がいい人を憑依させるとテストの成績が上がる」というザルツブルク大学の研究

隠遁者の集中術
この記事はこんな方にオススメ
  • 独学してるけどたまに一人で戦うのが心細くなる
  • もっと集中力を高めたい

今回は集中力を高めるちょっと特殊な方法をご紹介します。

 

勉強前に大学教授を憑依させる

今回のテクニックの肝は、頭がいい人物を思い浮かべることです。

 

「何言ってんの?」って感じかもしれませんが、実際に「頭がいい人をイメージするだけで知識を問うテストの成績が高まったよ~」という研究結果があるのです。

根拠となる研究

ザルツブルク大学の研究()では、刷り込まれるイメージによって知的パフォーマンスが左右されることが判明してます。

介入

被験者をいくつかのグループに分け、それぞれに別々のイメージを刷り込む

  1. 有名な大学教授のイメージを刷り込まれるグループ
  2. フリーガン(※)のイメージを刷り込まれるグループ

※サッカーの試合会場で暴力的な言動をする集団のこと

結果:賢い人のイメージで自分も賢くなれる!

1の有名な大学教授のイメージを刷り込まれたグループの被験者は自分の知識に関しての自信が向上し、イメージを刷り込まれていない人よりも一般常識テストの成績が良くなった

逆に、フリーガンのイメージを刷り込まれた被験者は一般常識テストの成績が悪くなった。

 

また、実験の結果としては、

  1. より長時間の刷り込みがパフォーマンスに影響しやすい
  2. 刷り込みから少なくとも15分は効果が持続する

ということが示されています。ですから自分が勉強する前などに賢い人をイメージするだけで15分ぐらいは自分も賢くなれるかもしれません。

 

【今日の心トレ】集中力を高めるために頭脳明晰なキャラを憑依させよう
  • 勉強に取り組む前にはシャーロック・ホームズをイメージする
  • お医者さんの白衣を着て勉強する
  • 自分が目標とする人物の顔写真を机の近くに置いておく
  • 大学教授になりきってその日学んだことを解説してみる

【獲得経験値】

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。