語彙力・リスニング・発音を楽しく鍛える!「洋楽」活用のすすめ

探究力
根拠となる研究
  • 英単語を機械的に覚えるのが苦手
  • 英語を楽しく勉強したいし、英語を使って「すごい!」と思われたい
  • 以前洋楽を聴く勉強法を試したが、あまり洋楽に興味がないので続かなかった

今回は、洋楽を活用すると英語学習の効率が上がるぜ~というお話です。

英語で歌を歌えるようになればみんなにも自慢できます。「英語勉強してるんだぜ!」と実感できるので、ぜひやってみましょう。

 

洋楽を聴くと、語彙力・リスニング・発音力がアップ!

機械的な英語の学習ばかり続けていくと、飽きてしまいますし、効率が下がってしまいますよね。

 

そこでおすすめなのが洋楽を活用した英語学習です。

根拠となる研究

釜山大学校のメタ分析によると、洋楽でボキャブラリーが効果的に増えるとされています。詳しい分析結果は以下の通り。

  • ボキャブラリーが増える
  • 子供より大人の方が効果的
  • リスニングや発音にも効果的
Just a moment...

まとめると、英語学習に洋楽を聴くことを取り入れることによって、語彙力が増えるだけでなく、リスニングや発音の力もアップするということです。

 

考察

大人の方が洋楽による学習効果が高い理由としては、大人の方が背景知識が広いためでしょう。外国の文化に関する常識もあるため、英語の歌をよく理解することができるのです。

なお、子供の場合だったら単語帳などで機械的に覚えるのも得意でしょうが、大人はそうはいきません。機械的に覚えるよりも、ポップな曲の中で覚えた方が印象に残るのは想像に難くないでしょう。

 

また、リスニングや発音の改善に役立つというのはありがたい点です。理由としては、洋楽だとネイティブに近い発音をせざるを得ないからだと思われます。英語の発音では前後の音が重なるところがよくあります。

例えば、「That I…」は、「ざっとあい」ではなく、「ざらいっ」という発音になります。しかし、普通に英語のテキストなどで読む練習をすると、どうしても切り離して発音しがちです。その点、洋楽で発音する時にはメロディーに合わせないといけないため、自然と繋がった発音をするようになります。

 

【今日のクエスト】親しみのある歌を英語で聴いてみよう

「洋楽を聴こう!」と言っても、洋楽にあまり詳しくない人は何を聴いたらいいかがわからないかもしれません。

 

そこで僕がおすすめするのは、日本の人気曲の英訳バージョンを聴くことです。海外でも人気な日本のアーティストの場合、曲が英訳されていることも珍しくありません。

例えば、「YOASOBI」の、「アイドル」「夜に駆ける」といった歌は、それぞれ「Idol」「Into The Night」という英訳バージョンがあります。

 

ステップ1:なじみのある英語歌詞の歌を探してみよう

Into The Night
YOASOBI · Song · 2021

↑「夜に駆ける」の英訳「Into The Night」

Idol
YOASOBI · Song · 2023

↑アニメ「推しの子」の主題歌「アイドル」の英訳「Idol」

Dirty Work
Austin Mahone · Song · 2016

↑一時期流行ったオースティン・マホーンの「Dirty Work」

アニソンもおすすめ。フル英語のカッコいい歌があります。

God only knows -Secrets of the Goddess- (Extract)
Oratorio The World God Only Knows · Song · 2013

↑アニメ「神のみぞ知るセカイ」の主題歌「God Only knows」

crossing field -English ver.-
LiSA · Song · 2014

↑アニメ「ソードアートオンライン」の主題歌「crossing field」の英語バージョン。

 

 

他にも有名な楽曲の英語バージョンはいろいろあります。こちら↓のノートにまとめておきました。

人気楽曲の英語バージョン

ステップ2:洋楽のプレイリストを作ってみよう

Spotifyは基本的には無料で使える音楽アプリです。プレイリストを作ることもできるので、英語歌詞の歌をまとめたプレイリストを作っておくといいでしょう。

【獲得経験値】

コメント