「お金がない」「時間がない」「技術がない」は最強の武器

社畜にならない創造性マニュアル
この記事はこんな方にオススメ
「起業したいけどお金がなくてができない」「副業したいけど時間がなくてやりたいことができない」「やりたいことはあるけど知識や技術がない」

副業・起業したいと思っても、実際には金銭的・時間的・能力的な制限がかかることがほとんどでしょう。

しかし、「制限」は敵ではありません。むしろ制限をうまく活用することによって、よりユニークなアイデアを生むことができるのです。

 

ずば抜けたアイデアを出す人ほど使うものを限定している

制限は創造性を高めます。「クリエイティブなものを作るためにはルールを決めずに発想を広げた方がいい」というイメージを持たれているかもしれませんが、実際は逆です。

 

制限があればそれを打開しようと、より新しい視点から物事が見れるようになるのです。

根拠となる研究
画家であり心理学者でもあるパトリシア・ストークスの研究結果によると、ユニークな作風を確立している画家ほど絵の題材や使う絵の具などを限定している 傾向が見られた。

 

特定の分野で成功している人のなかには、制限がなく環境に恵まれている人がいるのは確かです。

高いカメラを使い高度な編集技術を持っているYouTuber・プログラミングスキルを持っているITエンジニア・資金が潤っている起業家…などでしょう。

しかし逆に環境に恵まれている分、何でもお金や能力で解決しようとしてしまい、既存のものと同じようなことしか創れないとも言えます。

 

逆に環境に制限が多い人は、その中で売れるアイデアを見つける必要がありますよね。その分人が考え付かないような斬新なアイデアを得ることが可能なのです。

例えば、「絵が下手でリアルな絵がかけない」「ピカソみたいな画風にしたら意外と面白いんじゃない?」みたいな。

 

【今日の心トレ】「制限があるからできない」ではなく、制限をどう活かしてユニークなものを作れないか考えよう

【獲得経験値】

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。