痩せたいけど食べたい人にオススメ!食べた方がむしろ痩せる間食とは?

料理の科学

 

この記事はこんな方にオススメ

「痩せたいけどお腹が空いてついお菓子を食べてしまう」

今回はダイエットしたい方にオススメの間食についてです。

 

食べた方がむしろ痩せる!手間ゼロの最強間食「ナッツ」

小腹が減ったときにオススメなのはナッツです。コンビニなどに売っている素焼きミックスナッツなどがオススメです。

 

「でもナッツってカロリーが多いんじゃないの?」と敬遠する人もいるでしょう。しかし、ある研究ではナッツを週2回以上食べている人は体重が増加する確率が31%低いという結果が出ているとか。

小腹が空いたときにチョコレートやアイスを食べているという方は、おやつをナッツに変えるだけで無理せず痩せることができますよ。

ナッツで満腹感アップ&脂肪燃焼

ナッツはカロリー自体は高いにも関わらず、毎日1~2つかみからを食べても体重の増加が見られないことが分かっています。理由としてはナッツに満腹感があり、総摂取カロリーが減るからだと考えられます。

根拠となる研究

ハーバード大学医科大学 院の研究者たちが実験を行った。参加者を集め二つのグループに分ける

  1. クルミが入っているスムージーを飲んでもらった
  2. クルミの入っていないスムージーを飲んでもらった

両者は同じカロリーのはずなのに、2のくるみが入っていない方のスムージーを飲んでもらった被験者たちは 満腹感が有意に低いことがわかった。

つまりナッツを食べることによって満腹感を得やすいということです。

 

 

また、ナッツには代謝を上げる効果があるのもポイントです。ナッツを食べると体内の脂肪が燃えやすくなるのです。

根拠となる研究

ある研究において、くるみを食べるか食べないかで脂肪の燃焼量に差が現れることが示されています。

被験者たちにカロリーと脂肪の量が同じ食事をとってもらった上で、くるみを食べたときと食べなかったときで8時間での脂肪の燃焼量を比較した。

  1. くるみを食べなかったときでは20 G の脂肪を燃焼した
  2. くるみも一緒に食べた被験者たちは31 G の脂肪を燃焼できた

 

 

量は片手に取るぐらい

食べる量としては大体30gから60gが最適とされています。

片手に取るぐらいが大体30gなので大体そのぐらいです。また、選ぶときには塩が含まれているものではなく素焼きのものを選ぶといいでしょう。

 

あらゆる疾患の確率が20%減!病気の予防にも最適

あるデータではナッツを食べる事によって、30年間全死因死亡率が20%下がり、糖尿病や心臓疾患のリスクも下がると言います。

特におすすめなのはくるみです。くるみは他のナッツ類に比べて、抗酸化物質やオメガ3脂肪酸の含有量が最も多く、がん細胞の増殖を抑制する効果が高いと言われています。

 

【今日の心トレ】コンビニやスーパーでミックスナッツを買おう

【獲得経験値】

 

 

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。