グラウディングでメンタルを安定させよう

未分類
この記事はこんな方にオススメ
  • 単なる瞑想に飽きてしまった時
  • 頭が疲れて集中力をリセットしたい
  • 緊張で心臓がバクバクしている

今回は、平常心を保ちたいときにはグラウディングを活用するといいぜ~というお話です。

 

「グラウディング」で地に足をつける

「グラウディング」とはメンタルを落ち着かせるためのテクニックです。不安感で頭がいっぱいになっている時に、何かの対象に集中することによって平常心を取り戻すことができます。ちなみに、グラウディングというのは英語の「グラウンド(=地面)」から来ており、地に足をつけるといったニュアンスです。

 

「54321法」を実践

今回は、グラウディングの中の「54321法」という方法を使ってみましょう。やり方はとても覚えやすいです。

  1. 目に見えるものを五つピックアップする (例:机の上に広がっているペン、カーテン、パソコン、本棚、ノート)
  2. 手で触れられるものを四つ触る(例:デスクの木のザラザラしている感じ・ノートのすべすべしている感じ・少し温まっているスタンドライト・冷たい金属の定規)
  3. 耳で聞こえるものを三つ聞く(例:外で雨が降っていて水が流れる音・カエルが鳴いている音・エアコンのブーっという音)
  4. 鼻で匂えるものを二つ嗅ぐ(例:畳の独特な匂い・タンスの中の木の匂い)
  5. 舌で味わえるものを一つ味わう(例:水をゴクリと飲む)

…といった流れです。

考察

54321法が効果的な理由としては、現在の自分の五感に集中することができるからです。度々言っているように不安は未来や過去からくるものです。未来や過去にトリップしてしまっているメンタルを現在に戻すことによって余計な不安を抑制することができるのです。

 

また、自分の体の感覚はメンタルにも直結します。五感をコントロールすることはメンタルをコントロールすることにも繋がるのです。

例えば、激しく緊張している時には体が熱くなったり逆に寒気がしたりするかもしれません。いつもとは感覚が違う五感の情報によって余計にメンタルが不安定になってしまうのです。

そこで、積極的に五感を使うことで「自分は自分の感覚をコントロールできているぞ」という安心感が得られるでしょう。

 

【今日の心トレ】54321法を実践

ステップ1:まずは視覚から…

今すぐできる方法なので早速取り組んでみましょう。目で見えるものを五つ、触れるものを四つ、聞こえるものを三つ、嗅げるものを二つ、味わえるものを一つ探してください。

 

ステップ2:自分に起こった変化を観察してみよう

何となく安心感を得ることができたかもしれません。少なくとも今悩んでいることから意識を反らすことができていれば成功です。

ステップ3:行動のトリガーを決めよう

習慣化のためにトリガーを決めておきましょう。

緊張しすぎて鳥肌が立つ・手が震える・胃腸が痛い…などいつもとは違う身体の感覚を覚えた時には、54321法を実践する

 

【獲得経験値】

☑️54321法を実践して落ち着いた

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。