付箋を使って目標を達成する方法

社畜にならない創造性マニュアル
  • ブログを続けたい
  • 読書を続けたい
  • ダイエットのための運動を続けたい

などなど、何かを続けたい方へ。

「これまで」よりも「これから」のタスクに集中せよ!

シカゴ大学の心理学者ミンジョン・クーとアエレット・フィッシュバックの研究によると、目標を達成するときには対象的な2つの視点があるそうです。

 

2つの視点とは「これまで思考」と「これから思考」です。

 

これまで思考とは、どれだけやってきたかに注目する思考です。対してこれから思考とはあとどれぐらいやらなければならないのかに注目する思考です。

例えば、「1ヶ月間ランニングを続けるぞ!」という目標を立てたとするなら、「10日も続いた!」と考えるのが「これまで思考」です。「あと20日!」と考えるのが「これから思考」です。

 

ミンジョン・クーらの研究によると、「これまで思考」の人は目標を達成しづらいといいます。なぜなら、早い段階で達成感を感じてしまうので途中で満足してしまいモチベーションが最後まで続かないからです。

 

 

ですから、目標を達成するときには「あとどれぐらいやれば達成か」を明確にしておきましょう。

 

百均の付箋で「あとどれぐらい」を管理しよう

「あとどれぐらいやれば達成か」を明確にしておくには、付箋を使うことがオススメです。

  1. 百均にあるような少し大きめな付箋を用意してください。
  2. 付箋1枚ずつに「あと30日」「あと29日」…と書いていきます。
  3. 達成するごとに付箋を1枚剥がしていきましょう

 

もちろんスマホを使って管理したりしてもいいのですが、意外とアプリを起動するのが面倒くさかったりするものです。

付箋なら机の端に置いておき、やったら剥がすだけなので管理しやすいかと思います。また、終わった分の付箋をクシャッと丸めて捨てるのは心地よいです。

 

【今日の心トレ】さっそく付箋を用意してみましょう!

【獲得経験値】

コメント