【ED改善】パートナーとのセックスレスが68%改善するフルーツとは?

料理の科学

EDは「陰茎の狭心症」

EDは「陰茎の狭心症」とも呼ばれ、心臓疾患の兆候とも捉えることができます。

というのも、EDは心臓疾患と同じ血管性の病気だからです。陰茎の血管は心臓の冠動脈よりも細いです。なので心臓近くでは問題がないようなプラークでも、陰茎では血流を阻害してしまいます。

よって、EDの症状が出たということは狭心症になるリスクも高いというわけです。

 

EDを治す食事改善

性行為の回数が68%増加したフルーツとは?

EDに効果のあるフルーツはスイカです。スイカにはシトルリンという成分が含まれています。

シトルリンは陰茎の血管を膨張させて勃起を促す酵素の働きを活性化させる効果があります。 イタリアの研究では勃起不全のある男性達にシトルリンのサプリメントを飲んでもらったところ、勃起しの硬度が向上し、1ヶ月の 性交の回数が68%増加したとか。

なお、黄色いスイカには赤いスイカの4倍のシトルリンが含まれています。 黄色いスイカ16等分したものを1切れ食べるだけで上記の実験で使われたシトルリンと同様の効果が得られます。

 

間食にはピスタチオを。

ある研究では、1日3~4つかみのピスタチオ 3週間食べた男性たちは陰茎の血流と勃起状態に有意な改善が見られたという結果が出ています。

間食にぜひ取り入れてみましょう。

コメント