痩せたいなら必見!ダイエットのよくある3つの間違い

心理学ダイエット
  • ダイエットはカロリーを意識すれば成功する
  • 痩せるためにはランニングで脂肪を燃やすことが大事だ
  • 肉や脂質は減らした方がいい

上記のようなダイエットに関する情報を信じている方は、残念ながら間違ったダイエットをしている危険性が高いです。

今回はダイエットでありがちな間違いを訂正していきます。

 

間違い1.カロリーだけを気にする

ダイエットをするときに重要な3原則があります。

  1. カロリーの管理
  2. 栄養素のバランス
  3. 筋肉をつける

 

まずはカロリーの管理です。

摂取カロリーが消費カロリーを上回っていれば脂肪としてたまりますから、カロリーを管理することはもちろん大事です。

しかし、カロリーだけに注目して栄養素のバランスを考えていないダイエットは意味がありません

 

栄養素が偏ると「代謝」が滞る

ダイエットをするときには栄養素のバランスが大事です。

なぜなら、栄養素が偏っていると体内での「代謝」が行われなくなったり、筋肉が減ったりするからです。

「代謝」というのは体のなかで様々な栄養素によって起こされる反応のことです。例えば糖質を効率的にエネルギーに変えるにはビタミンB1という栄養素が必要です。この場合ビタミンB1が不足すると、「糖質代謝」が滞ってしまうのです。

 

ですから、栄養素のバランスを度外視して、カロリーだけに言及しているダイエットには気をつけましょう。

「こんにゃくしか食べないダイエット」「バナナしか食べないダイエット」など、栄養素の偏りが生じてしまうダイエットは根本的に間違っています。

 

筋肉が減ると太りやすい体質になる

栄養素のバランスが重要なもうひとつの理由は、筋肉が減ってしまうからです。ダイエットでは、体重を減らせばいいというわけではなく、筋肉を増やしながら脂肪を燃焼していくことがポイントです。

 

筋肉が重要な理由は「基礎代謝」にあります。基礎代謝とは、人間が生きているだけで消費するエネルギーのことです。例えば体温を維持したり、呼吸をしたりするだけでもカロリーは消費されます。そして筋肉がある人ほど基礎代謝は高いのです。

 

つまり、筋肉が減ってしまうと、基礎代謝が下がり、カロリーが消費されにくい(=太りやすい)体質になってしまいます

ですからダイエットをするときには栄養素が偏って筋肉が失われてしまうのを防ぐことがポイントです。

 

もしも先にも挙げた「こんにゃくしか食べないダイエット」をしたらどうなるでしょうか。カロリーは制限されるので確かに体重は落ちていきますが、同時に筋肉も落ちていきます。

そして体重が落ちたからといって、普通の食事に戻すと、筋肉量が減っている分代謝が低くなっているため、 ダイエットをする前と同じ食事をしているにも関わらず脂肪がつきやすくなるというわけです。

 

間違い2.肉や油を避ける

タンパク質の不足によって美しくない体になる

ダイエットで目の敵にされがちなのが肉や油です。しかし肉や油も良質なものなら重要な栄養素です

 

まず、肉はタンパク質を供給するために必要です。

肉を食べずにタンパク質が不足していると肌や髪爪などに必要な栄養が届けられなくなります。 美しい見た目を保つためのダイエットなのに見た目が不健康になったら逆効果です。

また、たんぱく質が不足すると、仮に体重が減っても筋肉まで減ってしまうので、ぶよぶよとした体型になってしまいます。

 

脂質も必要な栄養素

ダイエット中に脂肪の制限をしてしまうと意味がありません。

脂質がないと体の機能がしっかりと働かなくなるからです 。具体的には脂肪燃焼の妨げとなったり、筋肉を作る上で欠かせないテストステロンも材料がなくなったりします。

 

間違い3.痩せるためのランニングする

「ダイエットをする」という目的に限れば、ランニングは効率が悪いです。

というのも、ランニングで消費されるカロリーが低いからです 。

 

ランニングの消費カロリーはおよそ「体重(kg)×距離(km)」と言われています。

例えば60 kg の人が10キロ走れば、「60(kg)×10(km)」=600カロリー」を消費できます。10キロ走ってやっと600カロリーです。

 

体脂肪を1キロ落とすのに必要な消費カロリーは7200カロリーです。つまり体重60 kg の人が1 kg の体脂肪を落とそうと思えば 120 km は走らなければなりません。

また、ランニングをする時には体は体脂肪だけでなく筋肉も一緒に分解してしまいます。 筋肉がなくなると基礎代謝も低くなりメリハリのない体になります。

 

まとめ

さて、ダイエットの基本原則と、よくある間違いをまとめてきました。

最後にまとめておきましょう。ダイエットの基本原則は、

  1. カロリーの管理
  2. 栄養素のバランス
  3. 筋肉をつける

でした。

この原則に違反するダイエットのよくある間違いがこちらです。

  1. カロリーだけを気にする
  2. タンパク質や脂質を制限する
  3. ランニングで痩せようとする

 

コメント