発想力が32%アップする睡眠のコツ

クリエイティブな働き方コース
この記事はこんな方にオススメ
  • クリエイティブなアイデアを思いつきたい
  • わけのわからないようなぶっ飛んだアイデアを出したい
  • 何かわからないけど面白い一発ギャグを作りたい

今回は、論理的思考では出てこないようなぶっ飛んだアイデアを出すためにはレム睡眠を活用するといいぜ~というお話です。

 

レム睡眠直後の再思考で解決力が32%アップする

睡眠を上手く活用することによってアイデアが湧きやすくなります。

 

まずは予備知識。人間の眠りにはノンレム睡眠という深い眠りの段階とレム睡眠という浅い眠りの段階があります。

  1. ノンレム睡眠:体も脳も完全に休息する
  2. レム睡眠:体が休息しているが脳は活発に動いており、日中に学んだことなどを整理している。夢を見るのもレム睡眠のとき

ノンレム睡眠とレム睡眠はセットでだいたい90分周期です。

眠り始めてから一番深いノンレム睡眠に落ち、60分から80分程経った後でレム睡眠に切り替わります。レム睡眠は10分から30分ほど持続します。

 

 

眠りはじめて90分前後がゴールデンタイム!?

重要なのはレム睡眠です。レム睡眠が始まるであろう眠り始めてから90分前後 ぐらいに目を覚ますことによって問題解決力がアップするのです。

 

根拠となる研究

実際、2010年に睡眠の研究者であるマシューウォーカーたちが行った研究では、レム睡眠の直後は問題解決力が上がっているぜ~という結果が示されています。

実験の介入

被験者に対してアナグラム課題(※)を解いてもらう。

※アナグラム課題とは、文字を並び替えて新しい単語をつくるひらめき力が必要となる課題。

しばらく考えてもらった後、被験者をいくつかのグループに分けそれぞれ仮眠をとってもらった。

  1. ノンレム睡眠が行われている最中に起こされるグループ(眠り始めてから90分以内程度)
  2. レム睡眠が行われている最中に起こされるグループ(眠り始めてからおよそ90~100分ほど)

起きたあと、再度アナグラム課題に取り組んでもらった。

実験の結果
  • その結果、レム睡眠の直後に起こされたグループ2の方がアナグラム課題を閃く傾向が32%高かった
  • また、長時間のノンレム睡眠の後に起こされるグループで試したところ、90分以内程度のノンレム睡眠の後に起こされるグループ1と比べれば、問題解決力がそこそこ上がっていた

 

実験の考察

レム睡眠の最中に起きるとアイデアが湧きやすくなる理由は、記憶の整理が行われているからだと考えられます。特に、寝る直前まで一生懸命考えていたことは寝ている最中にレム睡眠で優先的に整理されるでしょう。

それに対して、ノンレム睡眠の最中に起こされたグループはまだ記憶を整理する段階には至っていないので大した効果がなかったと考えられます。

 

 

戦略1:90分の仮眠もしくは 朝起きた直後に再思考

さて、ここからは睡眠を活用する具体的な戦略です。

1つめの戦略は実験に習って、90分程度仮眠を取ること。レム睡眠を発動させ、発想力をアップさせることができるでしょう。ただし、正しい昼寝を90分もしてしまうと夜の睡眠 に支障が出る可能性があります。

 

戦略2:いつもの寝起きを有効に使う

無難なのはいつも通り睡眠を取って起きたばかりの朝の時間に問題解決を図ることです。

先ほどの実験でも 長時間眠った直後の場合、ノンレム睡眠の最中に起こされたとしてもそこそこ問題解決力は上がっていたそうです。というのも、長い睡眠の場合にはレム睡眠が何度か繰り返されているからです。起きた瞬間がレム睡眠の最中でなかったとしても、それなりに記憶が整理され思考が冴えるはずです。

 

戦略3:夢で目覚めた時にはラッキー

たまに、悪い夢や強烈な夢を見て目が覚めてしまうこともあるでしょう。そんな時には大チャンス先ほども言ったように夢を見るのはレム睡眠の段階しかありません。つまり、夢を見て起きたということは必然的にレム睡眠のときに起きれてりうということになります。

すぐにメモ帳を用意して、浮かんでくるアイデアを捕まえましょう。

 

【今日の心トレ】寝る前に熟考。寝起きに再思考しよう

ステップ1:考えるべきテーマを決める

考えるべきテーマを持っていないと、いくら睡眠をとっても整理されるべき情報がないわけですからアイデアも降りてきません。

ですので、寝る前には「こんなアイデアがほしいな」というテーマについて徹底的に考えましょう。

例えば…

  • 自分のブログのイケてるタイトルを考えたい
  • オリジナルキャラのおしゃれな服のデザインを考えたい
  • 創作漫画の次の展開を思いつきたい
  • YouTube の新しい企画を思いつきたい
  • 面白い一発ギャグ思いつきたい

…などなど。もちろんもう少し真面目に仕事の企画を考える…とかでもOK。

 

ステップ2:寝る前に徹底的に考える

アイデアのテーマを考えたら 5分程度徹底的に考えてみましょう。例えば…

ナイスなブログタイトルを考えたい

→まずはタイトルに含めそうなキーワードを出来る限りピックアップして紙にメモしておこう

↑実際にタイトル決めするときに書いたやつ。参考までに。

 

ステップ4:寝る

考えるのをすっぱり止めて寝ます。

ステップ5:覚醒し、テーマについて再度考える

起きたら再思考します。

ナイスなブログタイトルを考えたい

→まずはタイトルに含めそうなキーワードを出来る限りピックアップして紙にメモしておこう

→(寝る)

(起きてから)→枕元で紙を見直して再検討する

【獲得経験値】

☑️考えるべきテーマを設定した

☑️寝る前に5分間熟考した

☑️起きたあと3分間再思考した

 

関連記事
ネーミングセンスを科学的に再現する4つのポイントと実践手法
この記事はこんな方にオススメ 会社・作曲した音楽・ブログ…など創ったコンテンツに名前をつけたい ネーミングセンスには自信がない コンテンツをつくりたいけど具体的なコンセプトが決まっていない 今回はネーミング...

↑タイトルなどのネーミングについて。起きたばかりのふわふわした状態なら、意外な単語の組み合わせが見つかるかも。

コメント

あららららら

あああかかかささ

 

popupだよ。

tigerだよ。