週3回やると誘惑に負けにくくなる習慣とは。

未分類

情報が錯綜する時代に必要不可欠!「選択的注意力」とは

現代には様々な情報が飛び交っています。勉強をしようと思ってもスマホにLINEやSNSの通知が届いて気をとられる・スマホアプリで勉強していたのにいつの間にかYou Tubeに時間を取られている…といったことが日常茶飯事なのではないでしょうか。

 

情報過多の現代では「選択的注意力」が必要です。選択的注意力とは、集中したいことに注意を向けて他のことに注意を向けないようにする能力です。

例えば、雑音がうるさいところや、スマートフォンの誘惑があるときでも、選択的注意力が高い人は自分がやりたいことに集中することができます。

 

誘惑に負けずに集中したいことに没頭するためにも選択的注意力を鍛えていきましょう。

週3回の運動習慣で「選択的注意力」がアップ

集中力を高める習慣としては週に3回45分間の心拍数が上がる運動を行うことがオススメです。強度としてはウォーキングなど少し息が上がる程度の運動でOKです。

 

根拠となる研究

ある研究では被験者を集めて二つのグループに分けて比較しています。

  1. 週に3回45分トレッドミルでウォーキングを行うグループ
  2. 体にあまり負荷のかからないストレッチやヨガを行うグループ

半年後、双方のグループともにエリクセン・フランカー課題に取り組んだところ、1のウォーキンググループの方がテスト課題をよりうまくこなし選択的注意力が改善するとともに、前頭葉頭頂葉が活性化していた

エリクセン・フランカー課題とは、選択的注意力を測るときに使われるテストです。テストの内容は矢印が5つ並んでいるのを見て、真ん中の矢印がどちらを向いているかを2秒程度で判断していく課題です。例えば「→→←→←」だったら「左」と答えればいいわけですね。真ん中以外の矢印を無視して真ん中だけに注意力を向けるのがコツです。

 

 

【今日の心トレ】45分間の運動に取り組もう

【獲得経験値】

コメント